区民向け情報

閉じる

トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援事業 > 食の支援(子ども食堂・食事支援事業)

更新日:2020年5月19日

ここから本文です。

食の支援(子ども食堂・食事支援事業)

区内で開催している子ども食堂

区内には、地域のボランティアの方々が開催している子ども食堂が多数あります。
平成30年2月には、互いの食堂が協力・連携する目的で「えどがわっ子食堂ネットワーク」が発足しました。

詳しくはこちらをご覧ください→広報えどがわ 11月20日号

「えどがわっ子食堂ネットワーク」ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

「えどがわっ子食堂ネットワーク」チラシ(PDF:2,249KB)(別ウィンドウで開きます)

区が実施する食の支援事業

区では、食の支援が必要な家庭へ、家庭まで食を直接届ける事業を実施しています。利用にあたっては申込みが必要です。詳しくはお問い合わせください。

食事支援ボランティア派遣事業「~できたて食べてね~おうち食堂」

おうち食堂年間48回を上限に、食事支援ボランティアが家庭に直接出向き、買い物から調理片付けまで行う事業です。家庭で手作りできたての食事を提供します。自己負担はありません。利用にあたっては一定の審査があります。
食事支援ボランティア「食の支援員」を募集中です。詳しくは児童女性課成長支援係(電話:03-5662-5039)まで。

「~できたて食べてね~おうち食堂」(PDF:444KB)(別ウィンドウで開きます)

食の支援員募集チラシ(PDF:311KB)(別ウィンドウで開きます)

子ども配食サービス事業「KODOMOごはん便」

ごはん便

【事業概要】

ご家庭の経済的な理由や保護者・お子さんの病気等により、食の支援が必要な家庭へ、年間48回を上限に区内のお弁当屋さんが手作りのお弁当を届ける事業です。

(注)保育園および学校の再開までは48回を超えた分もお使いいただけます。

【対象】

住民税非課税などの世帯の18歳までのお子さんが対象です。

また、新型コロナウイルスの影響による収入の減少や休業等により生活に困窮している食の支援が必要な子どもがいる世帯も対象となる場合があります。(保育園および学校の再開までの期間限定となります。)

なお、利用にあたっては審査をさせて頂きます。

  • 原則はご家庭にお伺いしての審査をしていますが、保育園および学校の再開までは、感染拡大防止のため、お電話、FAX、郵便での審査を実施させていただきます。(ご家庭の状況によっては、訪問させていただく場合もあります。)

【自己負担】

自己負担100円で470円の手作りのお弁当を配達します。

「KODOMOごはん便」(PDF:364KB)(別ウィンドウで開きます)

お申込み・お問い合わせ

児童家庭課成長支援係(電話:03-5662-5039)

平日8時30分から17時15分

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは子ども家庭部児童家庭課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。