区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

次世代育成支援行動計画とは

計画策定の背景と目的

急速な少子化の進行は、社会経済全体に極めて深刻な影響を与えるものであることから、国は総合的な取組みを推進するため、平成15年7月に「次世代育成支援対策推進法」を制定しました。

「次世代育成支援対策推進法」(PDF:47KB)(別ウィンドウで開きます)

この法律では、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される社会の形成に資することを目的とする行動計画の策定を区市町村に義務付けています。

次世代育成支援対策推進法第8条(PDF:47KB)(別ウィンドウで開きます)

江戸川区は、平成14年7月に策定した江戸川区長期計画の中で「未来を担う人づくり」を、区の主要な施策の一つに掲げ、子どもたちの健全な育成と子育て支援に取り組んでいます。

この理念をさらに具体化し、次代を担う子どもたちが健やかに生まれ、夢をもって豊かに育つまちをつくるために、平成17年3月「江戸川区次世代育成支援行動計画」を策定しました。

計画期間

平成17年4月1日から平成27年3月31日までの10年間
前期計画 平成17年度から平成21年度(5年間)
後期計画 平成22年度から平成26年度(5年間)

問い合わせ

子育て支援課計画係 電話 03-5662-0659

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは子ども家庭部子育て支援課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。