区民向け情報

閉じる

更新日:2022年2月20日

ここから本文です。

生活保護の申請・受給

くらしごと相談室や福祉事務所での支援・相談や、自身の資産や能力等をすべて活用してもなお生活に困窮する方は、生活保護の申請をご検討ください。
生活保護は、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その方の自立を助長する制度で、日本国民であれば誰にでも申請する権利があります。(外国籍の方は、永住者・定住者・日本人又は永住者の配偶者等の在留資格を有する場合に、生活保護法を準用しての保護を受けられます。)

生活保護の申請

保護の申請

保護の申請は、ご本人、扶養義務者(親・子・兄弟姉妹等)、同居の親族が行います。
ご本人の成年後見人による申請も可能です。

家庭訪問

保護の申請がなされると、世帯の生活状況を具体的に知るために、地区担当員(ケースワーカー)が家庭訪問をします。生活保護を決定するために必要な事柄をお聞きしますので、お答えください。

保護の決定

原則として申請後14日以内(特別な事情がある場合は30日以内)にお知らせします。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは福祉部生活援護第一課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?