区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 福祉・介護 > 生活保護・生活困窮

更新日:2020年5月21日

ここから本文です。

生活保護・生活困窮

【緊急対応】生活保護の相談・くらしごと相談

生活保護相談

新型コロナウィルス感染防止のため緊急事態宣言発出中の期間限定で、生活保護に関する簡単なお問い合わせをご自宅からメール相談できるようにいたします。以下の相談入力フォームよりお問い合わせください。

  • お問い合わせの回答については、原則として「ご相談Q&A」のページでお答えします。
    個人的な詳細の相談は、管轄する福祉事務所(各生活援護課相談係)にお電話ください。

くらしごと相談

くらしごと相談室が実施する生活困窮者自立支援事業のうち「住居確保給付金」の相談・申請件数が急増しているため、郵送申請の受付窓口として「臨時家賃相談センター」(住居確保給付金担当)を開設しました。

江戸川区「臨時家賃相談センター」(住居確保給付金担当)

給付金制度のご案内のほか、郵送申請、給付金の支払いなど給付金の申請手続きをご案内しています。また、すぐに申請できるように区ホームページ内では申請書等をダウンロードできるようにしています。給付金額の概算も確認できます。

受付時間:平日(月曜日から金曜日)の午前9時から12時、午後1時から5時まで

電話番号:03-5662-7692

詳しくは、住居確保給付金のページへ

住居確保給付金相談コールセンター(厚生労働省)

受付時間:毎日午前9時から午後9時まで(土曜、日曜、休日も実施

電話番号:0120-23-5572(フリーダイヤル

相談内容:制度に関する一般的な相談はこちらをご利用ください

 

住居確保給付金の申請相談は、江戸川区臨時家賃相談センターをご利用ください。

くらしごと相談室中央では、土曜日と日曜日に臨時電話相談・お問い合わせを受付しています。
1件の相談に時間がかかるため、電話がたいへん繋がりにくい状況になっております。

電話番号:03-5662-0085(受付時間:午前9時から12時、午後1時から4時まで)
(注)制度に関する相談などは、上記の住居確保給付金相談コールセンター(厚生労働省)をご利用ください。(電話:0120-23-5572、受付時間:毎日、午前9時から午後9時まで)

 

****************************************************************************

1.生活困窮の相談【くらしごと相談室】

暮らしや仕事に関するお困りごとについて、相談によりその方に必要と思われる支援をします。

経済的な困窮で、このままでは生活できなくなりそうな方が相談対象です。

相談窓口

  • くらしごと相談室中央(生活援護第一課内)電話:03-5662-0085
  • くらしごと相談室小岩(生活援護第二課内)電話:03-5876-7730
  • くらしごと相談室葛西(生活援護第三課内)電話:03-5659-6626

お住まいの地域により、相談窓口が変わります。担当地域は生活保護の担当区域と同じです。

くらしごと相談室の支援事業

くらしごと相談室では、お困りの皆様を支援するため、以下の事業をおこなっています。
皆様には、相談室で面談した後、ご希望の支援をお申込みいただきます。必要により連携する他機関が実施する事業も紹介いたします。

自立相談支援事業

専門の相談員が、就労やその他必要と思われる支援を行います。住居確保給付金の支援を受ける方には、必ずこの支援も受けていただきます。

住居確保給付金事業

短期間での就労自立を目指すため積極的に求職活動をする方の、住居・就労機会の確保に向けた支援をします。ただし、この事業には対象条件があります。

対象

離職等による経済的な困窮から、住居を失ったか、失うおそれのある場合で、申請要件に該当している方。(詳細は:住居確保給付金のページをご確認ください。)

支援

住居と就労機会の確保のため、自立相談支援事業による支援と家賃(上限額あり)を3か月間を限度に給付します。なお、既に住居がない方は、社会福祉協議会が窓口となる貸付金を利用し新たに住宅確保できた時点からの給付になります。

世帯の人数により家賃の上限設定が変わります。上限を超える分は自己負担になります。

次世代育成支援事業

高校進学に向けた動機づけを必要とする児童に対する「訪問・面談」や「居場所としての学習会開催」など、児童に寄り添う支援を行います。

2.生活保護の相談【福祉事務所】

生活保護は、病気やケガで働けなくなったり、老齢、その他、何らかの理由により世帯の収入が減少して生活費に困ったりと、自分の世帯の努力だけでは解決できないときに、必要最低限の生活が維持できるように、世帯を援助する制度です。

福祉事務所では、生活にお困りの方から相談を受け、できる範囲での援助を行います。

また、生活保護の受給が決定した世帯の方には、就労や親族等への援助依頼など様々な形での自立に向けた努力をしていただくほか、保護受給期間中には必ず守っていただく事項もあります。

生活保護相談の窓口(併設:くらしごと相談室)

相談内容・備考 相談受付時間 場所・問合せ

生活保護の相談

病気などで生活に困り、いろいろ努力してもほかに方法がないときはご相談ください。

 

 

 

生活保護の相談の前に・・・

くらしごと相談室で相談を!

暮らしやお仕事などのお困りごとの相談を受け、各種支援をしています。お気軽にご相談ください。

くらしごと相談室は、各福祉事務所内に併設しています。

月曜日から金曜日

  • 午前:8時30分から12時
  • 午後:1時から5時

 

新規の相談受付は、午後4時まで

 

年末年始、祝休日は休み

 

福祉事務所

区民課管内の北部・小松川事務所管内にお住まいの方
生活援護第一課相談係

電話:03-5662-8169

 

【くらしごと相談室 中央】

電話:03-5662-0085

小岩事務所・東部事務所・鹿骨事務所管内にお住まいの方
生活援護第二課相談係

電話:03-3657-7855

 

【くらしごと相談室 小岩】

電話:03-5876-7730

区民課管内の南部・葛西事務所管内にお住まいの方
生活援護第三課相談係

電話:03-5659-6610

 

【くらしごと相談室 葛西】

電話:03-5659-6626

《参照:外部サイトへのリンク》

このページを見た人はこんなページも見ています

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。