区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 日常生活の支援 > 在宅での支援 > 訪問看護師の派遣(重症心身障害児(者)等在宅レスパイト事業)

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

訪問看護師の派遣(重症心身障害児(者)等在宅レスパイト事業)

対象

  • 医療的ケア(呼吸管理、栄養管理、排泄管理等)を必要とする在宅の重症心身障害児(者)※1であり、訪問看護の必要があると認められる方。
  • 日常生活を営むために以下の医療的ケアを要する状態にある在宅の障害児であり、訪問看護の必要があると認められる方。
    • (1)人工呼吸器管理※2
    • (2)気管内挿管、気管切開
    • (3)鼻咽頭エアウェイ
    • (4)酸素吸入
    • (5)6回/日以上の頻回の吸引
    • (6)ネブライザー6回/日以上又は継続使用
    • (7)中心静脈栄養(IVH)
    • (8)経管(経鼻・胃ろう含む)
    • (9)腸ろう・腸管栄養
    • (10)継続する透析(腹膜灌流を含む)
    • (11)定期導尿(3回/日以上)※3
    • (12)人工肛門

※1 重症心身障害児(者)とは、18歳未満で重度の肢体不自由および重度の知的障害が重複している状態になり、現在もその状態にある方です。
※2 毎日行う機械的気道加圧を要するカフマシン・NIPPV・CPAPなどは、人工呼吸器管理に含む。
※3 人工膀胱を含む。

内容

区と委託契約を締結した訪問看護ステーションの看護師等が自宅に出向き、介護者である家族等が行っている医療的ケア等を一定時間代替します。
サービス提供回数:1会計年度の間に24回を超えない範囲で、月4回まで
サービス提供単位:1回あたり2時間から4時間までの間で、30分単位

利用者負担

利用者の世帯の所得に応じ、費用の1割程度までを負担していただきます。

窓口

身体障害者相談係

電話:03-5662-0052
FAX:03-3656-5874

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは福祉部障害者福祉課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?