区民向け情報

閉じる

トップページ > 健康・医療・福祉 > 福祉・介護 > 熟年者福祉 > 暮らしの情報 > 地域支援ネットワーク(民間緊急通報システム「マモルくん」(熟年者)・目配り訪問ほか)

更新日:2021年5月31日

ここから本文です。

地域支援ネットワーク(民間緊急通報システム「マモルくん」(熟年者)・目配り訪問ほか)

民間緊急通報システム「マモルくん」(熟年者)

65歳以上のひとり暮らし、熟年世帯、65歳以上の方がいる世帯で希望される方は、区の契約料金(月額2,200円)で設置します。状況により区から助成があります。
万一のときボタンを押すと24時間受付の受信センターへ届き、救急訓練を受けた警備員などが駆けつけます。救急車の手配も行います。
火災感知器や生活リズムセンサーもつけます。月に1回の安否確認も行い、生活相談も24時間受信センターで受付します。

民間緊急通報システム「マモルくん」申込書類(パンフレット、申請書、記入例)

(注)65歳未満で身体障害者手帳及び愛の手帳の交付を受けている方は、障害者福祉の民間緊急通報システム「マモルくん」(障害者)のページをご覧ください。

配慮が必要と思われる熟年者について(目配り訪問)

定期的な安否確認の訪問などを希望される方は、区域を担当する民生・児童委員、またはお近くの熟年相談室(地域包括支援センター)へ相談されることで、定期的な電話連絡や訪問を実施します。

熟年者の異変に気づいたら

ひとり暮らしなどをされている熟年者の異変に気づいたら、区かお近くの熟年相談室(地域包括支援センター)、区域を担当する民生・児童委員へお知らせください。必要に応じて、安否確認を実施します。ただし、緊急を要する場合は至急119番通報してください。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは福祉部福祉推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?