区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き > 届出・証明 > マイナンバー(社会保障・税番号)制度 > マイナンバーに関するQ&A > 5.住民基本台帳カード(住基カード)、証明書自動交付機について

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

5.住民基本台帳カード(住基カード)、証明書自動交付機について

住民基本台帳カードの交付は既に終了しています。

住民基本台帳カード(住基カード)、証明書自動交付機についてのQ&A
番号 内容 回答
1

住基カードとはどのようなものですか?

住民基本台帳カード(住基カード)は、住民票の氏名、生年月日、住所、性別が記載されたICチップ入りのカードです。

2

住基カードはいつまで発行されますか?

個人番号カードの交付開始に伴い、住民基本台帳カードの新規発行は平成27年12月28日で終了しました。平成28年1月以降は個人番号カードのみを発行します。平成28年以降に住基カードを更新することはできません。引き続きカードが必要な場合は個人番号カードに変更となります。

3

個人番号カードを取得後も住基カードは使用できますか?

個人番号カード交付の際に住基カードは返納していただくため利用できなくなりますが、個人番号カードで住基カードのほとんどの機能を利用できます。

4

個人番号カードを取得しない場合、住基カードはいつまで使用できますか?

これまで発行した写真つき住民基本台帳カードは、有効期限までは身分証明証としてご利用いただけます。

5

今持っている住基カードで区の証明書自動交付機を利用していますが、今後どうなりますか?

区内10ヶ所に設置されている証明書自動交付機のご利用は、平成28年3月末をもって終了しました。
代わりに、平成28年1月以降、個人番号カードを使ってコンビニエンスストアでの住民票の写しや印鑑登録証明書の交付サービスを開始しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは生活振興部住基・個人番号制度推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?