区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

3.個人番号カードについて

個人番号カードについてのQ&A
番号 内容 回答
1 個人番号カードとはどのようなものですか? 個人番号カードは、ICチップ入りのプラスチック製のカードで、券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。
2 個人番号カードは、何に使えるのですか?通知カードとどう違うのですか?

個人番号カードは、本人確認のための身分証明書として使用できるほか、コンビニエンスストアでの住民票の写し・印鑑登録証明書交付サービスにも利用できます。また、e-Tax等の電子申請等が行える電子証明書も標準搭載されます。

一方、通知カードは紙製のカードで、券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーは記載されますが、顔写真の表示はありません。そのため、通知カードのみでは身分証明書としてお使いいただくことはできません。

3 個人番号カードは取得しなくてはならないのですか? 個人番号カードは申請により区市町村長が交付することとしており、カードの取得は強制していません。
4 個人番号カードの交付申請に手数料はかかりますか?

初回は無料です。ただし、再交付の際は原則として手数料が必要です。

江戸川区の場合、個人番号カードの再交付手数料は800円となります。(電子証明書の再交付を希望する場合、さらに200円の手数料がかかります。)

5 個人番号カードの申請方法を教えてください。

通知カードとともに送られてくる「個人番号カード交付申請書」により申請すると、平成28年1月以降、個人番号カードの交付を受けることができます。

申請方法は郵送、スマートフォンやパソコンからのWEB申請、まちなかの証明用写真機からの申請があります。

【郵送での申請】
個人番号カード交付申請書に署名または記名・押印し、顔写真を貼り付けます。交付申請書の内容に間違いがないか確認し、返信用封筒に入れて郵便ポストに投函してください。

【スマートフォンからの申請】
スマートフォンのカメラで顔写真を撮影し、交付申請書のQRコードから申請用WEBサイトにアクセスします。画面にしたがって必要事項を入力の上、顔写真を添付し送信します。

【パソコンからの申請】
デジタルカメラで顔写真を撮影し、パソコンに保存します。交付申請用のWEBサイトにアクセスします。画面にしたがって必要事項を入力し、顔写真を添付して送信します。

【まちなかの証明用写真機からの申請】
タッチパネルから「個人番号カード申請」を選択し、撮影用のお金を入れて、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざします。画面の案内にしたがって、必要事項を入力し、顔写真を撮影して送信します。

※まちなかの証明用写真機は申請できるものとできないものがあります(平成27年10月中旬からサービス開始予定)。

6 申請書に貼りつける顔写真に、何か決まりはありますか? 使用する顔写真は、直近6ヶ月以内に撮影した、正面、無帽、無背景のものに限られます。また、大きさも縦4.5センチ、横3.5センチとなります。
7 個人番号カードに搭載される公的個人認証サービスの電子証明書とは何ですか?

公的個人認証サービスによる電子証明書は、インターネットを通じたオンラインの申請や届出を行う際、他人によるなりすましやデータの改ざんを防ぐために用いる本人確認の手段です。個人番号カードに搭載される電子証明書を用いて、申請書などの情報に電子署名を付すことにより、確かに本人が送付した情報であることを示すことができます。

現在は、国税電子申告・納税システム(e-Tax)など、国や地方公共団体の様々な手続きで利用されていますが、平成28年1月以降は、総務大臣の認定を受けた民間事業者との手続きにも利用できるようになります。また、マイナンバー(個人番号)の付いた情報のやりとりを閲覧できる「マイナポータル」にログインするためには、この電子証明書が必要となります。

8 個人番号カードを紛失してしまいました。どのようにすればよいですか?

個人番号カードを紛失した場合は、個人番号カードコールセンターにご連絡いただき、カードの一時利用停止をお願いいたします。
【電話番号】0570-783-578
【受付時間】平成28年1月より、紛失等による一時利用停止は24時間365日受付

個人番号カードの一時利用停止解除もしくは個人番号カードの再発行については、区役所・各事務所の戸籍住民係で手続きが必要となります。

9 子どもでも個人番号カードの申請はできますか? 15歳未満および成年被後見人の方は、法定代理人により申請していただく必要があります。また、特別な理由がある場合は、区市町村長が認める任意代理人により申請が可能となります。
10 個人番号カードの記載内容に変更があったときは、どうすればよいですか? 引越しや婚姻などで券面に記載されている情報が変更になった場合、個人番号カードを区市町村に持参し、カードの記載内容を変更してもらわなければなりません。

※通知カードまたは個人番号カードの記載内容に変更があったときは、14日以内に区市町村に届け出て、カードの記載内容を変更してもらわなければなりません。
11 申請書に記載された氏名の文字(漢字)、生年月日、フリガナ等が違う場合どうすればよいですか?

内容が違う場合、申請書は使用できません。お近くの区民課・各事務所の戸籍住民係までお問い合わせください。また、申請書を手書き等で訂正した場合は無効になってしまいます。

また、内容が違う申請書を送ってしまうと、誤った内容の個人番号カードが作成されてしまいますのでご注意ください。

12 いつから個人番号カードを受け取ることができますか? 2016年(平成28年)1月以降、交付を受けることができます。
13 個人番号カードを申請した後、受け取る前に転出した場合はどうなりますか? 個人番号カードは住民登録のある住民にしか交付することができないため、申請が取消しになります。新しい住所地の区市町村にて転入手続き後、新たに個人番号カードの申請をしていただく必要がございます。
14 個人番号カードに有効期限はありますか? 20歳以上の方は発行日から10回目の誕生日、20歳未満の方は容姿の変化を考慮し、発行日から5回目の誕生日としています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは生活振興部住基・個人番号制度推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?