区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き > 届出・証明 > マイナンバー(社会保障・税番号)制度 > 11月13日月曜日から、マイナンバー(個人番号)制度による情報連携の本格運用が始まりました

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

平成29年11月13日から、マイナンバー(個人番号)制度による情報連携の本格運用が始まりました


平成29年11月13日月曜日から、マイナンバー制度による情報連携の本格運用が始まりました。マイナンバーを用いる各種手続きにおいて、これまで提出する必要があった住民票の写しや課税証明書などの書類の提出を一部省略できます。
(事務手続きによっては、引き続き必要書類の提出をお願いする場合がございます。)
※マイナンバーを提供する際は、マイナンバーカード等の本人確認書類(マイナンバー確認書類及び身元確認書類)をご用意ください。

情報連携の本格運用に伴う主な対象事務や省略可能な書類等について

主な対象事務と省略可能な書類について

情報連携の本格運用後に対象となる主な事務や省略可能な書類等については、下記PDFファイルをご参照ください。

主な事務と省略可能な書類について(PDF:146KB)(別ウィンドウで開きます)

各事務手続きの詳細については、各事務を担当する担当課へお問い合わせ下さい。

江戸川区でマイナンバーを利用する主な事務

※情報連携とは、マイナンバー法に基づき、専用のネットワーク回線を用いて、異なる行政機関の間で情報をやりとりすることです。

情報連携について詳しくは、内閣府のホームページをご確認下さい。

マイナンバー制度における情報連携について(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは生活振興部住基・個人番号制度推進課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。