区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き > 届出・証明 > 電子証明書について > 電子手続きを利用するときに必要なもの

更新日:2019年9月26日

ここから本文です。

電子手続きを利用するときに必要なもの

電子手続きを利用するには、電子証明書を格納した住民基本台帳カードの外に、以下のインターネットに接続が可能なパソコン等が必要です。
※住民基本台帳カードの交付は既に終了しています。

パソコン(インターネットへ接続ができるもの)

公的個人認証サービスを利用できるOSの種類

Windowsをご利用な方
Windows XP SP3(32bit)、Windows Vista SP2(32bit)、Windows7 SP1(32bit/64bit)
Windows 8(32bit / 64bit)
Macintoshをご利用な方
Macintosh OS X v10.7 Lion
Macintosh OS X v10.6 Snow Leopard

公的個人認証サービスの電子証明書を利用した、電子申請・申告等にて利用できるパソコンのOS環境等は、公的個人認証サービス(利用者クライアントソフト)を利用できるパソコンのOS環境等と異なります。
事前に利用される各機関のホームページ等で最新情報の確認をお願いします。

主な電子手続き機関の動作環境情報URL

e-Tax(国税電子申告・納税システム)
システム利用のための環境等(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
eLTAX(地方税ポータルシステム)
新しくeLTAXをご利用される方(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
e-Gov(電子政府の総合窓口)
e-Gov電子申請システム利用者マニュアル(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

東京電子自治体共同運営・電子申請サービス
動作環境(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

公的個人認証サービスを利用できるWebブラウザ

Windowsをご利用の方
Internet Explorer 10
Internet Explorer 9.0
Internet Explorer 8.0
Internet Explorer 7.0
Internet Explorer 6.0SP3
Macintoshをご利用な方
Safari 5.1.7
Safari 5.1.1
Safari 5.1
Safari 5.0.5
Safari 5.0.2
Safari 5.0
Safari 4.0.2

公的個人認証サービスの利用者クライアントソフト

利用者クライアントソフトは以下の公的個人認証ポータルサイトからダウンロードできます。
利用者クライアントソフトのダウンロード|公的個人認証サービス ポータルサイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

JRE(Java実行環境)

利用者クライアントソフトの一部機能を利用する場合には、JRE(Java実行環境)が必要になります。導入方法等については、次のURLをご覧ください。
http://www.jpki.go.jp/e-apply/jre.html(JRE(Java実行環境)の導入方法)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

注釈 利用する電子手続きに応じて、さらに利用登録手続き、専用ソフトウェアの導入等が必要です。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは生活振興部区民課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?