区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

江戸川区民まつり図鑑

江戸川区民まつりの歴史

第1回江戸川区民まつり

江戸川区民まつりの記念すべき第1回は、『ひろげよう ふれあいの輪を』をテーマに、昭和53年(1978年)10月1日都立篠崎公園で開催されました。
来場者数は約20万人にのぼりました。開催時間は、午前10時から午後8時までと、現在の午前9時から午後4時までに比べ、3時間長く開催していました。広場数は4つ(縁日広場、おどり広場、芸能広場、出展広場)と、現在より少なかったのですが、午後8時のフィナーレには、豪快な打ち上げ花火と華麗なナイヤガラの滝、子どもたちのトーチサービスを行ない、炎で会場を彩る派手な演出を行なっていました。

第1回江戸川区民まつりの様子

写真 苗木即売会
苗木即売会(縁日広場)

写真 おどりやぐら
おどりやぐら(おどり広場)

写真 芸能ステージ
芸能ステージ(芸能広場)

写真 サークル発表
サークル発表(出展広場)

写真 物産展
物産展(出展広場)

写真 フィナーレ
フィナーレ(打ち上げ花火)

江戸川区民まつり誕生のきっかけ

昭和51年(1976年)9月19日に発足した、「江戸川区町会・自治会青年部等連絡協議会」で、青年を含めた区民ぐるみの催しができないかという声があがり、実行委員会が結成されました。

青年たちが目指したのは、タレント抜きの完全な手づくりのお祭り。それを実現させるため中里区長に相談しました。

80にも及ぶ諸団体に相談したところ「是非に」という声が多く、予想もしない程の熱意と協力を得ることができました。

こうして、初めての“区民まつり”は昭和53年(1978年)10月1日に都立篠崎公園で、区民の手によって開催され、大成功となりました。
(昭和53年(1978年)10月10日付け広報えどがわ「区長随想」より抜粋)

昭和54年(1979年)の第2回区民まつりは10月10日に実施しましたが、以降は毎年開催日が変わり、第9回(昭和61年:1986年)からは10月10日の「体育の日」に定着。

平成12年(2000年)の第23回から、体育の日が10月の第2月曜に変更されたため、区民まつりも日曜日(体育の日の前日)開催となりました。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは生活振興部地域振興課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?