区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

パワーリフティング

競技紹介

パワーリフティングは、下肢(下半身)に障害のある選手が、上半身の力を使って、バーベルを持ち上げ、その重量の記録を競う競技です。
他の競技でよくみられるクラス分けはパワーリフティングにはなく、体重別で競技が行われます。切断の選手は切断範囲に応じて自分の体重に一定の重量が加算されます。選手は仰向けに寝て上半身の力のみでバーベルを持ち上げます。

パワーリフティングの写真1
写真提供:日本パラ・パワーリフティング連盟

パワーリフティングの写真
写真提供:日本パラ・パワーリフティング連盟

歴史

パワーリフティングは、第二次世界大戦で下肢に障害を負った兵士が、イギリスの病院で社会復帰をするためのリハビリテーションの一環として、上半身を鍛えるためにベンチプレス運動を行ったのが始まりといわれています。
パワーリフティングは1964年東京パラリンピックから正式種目になりました。
パワーリフティング日本代表は、1968年テルアビブ大会に銅メダルを獲得して以来メダル獲得には至っていません。2020年東京大会での半世紀ぶりのメダル獲得が期待されます。

お問い合わせ

このページは文化共育部スポーツ振興課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?