区民向け情報

閉じる

トップページ > スポーツ・文化・観光 > スポーツ(えどすぽ!) > 取り組み一覧 > ラグビーワールドカップ2019(TM)に関するお知らせ

更新日:2019年9月1日

ここから本文です。

ラグビーワールドカップ2019(TM)に関するお知らせ

2019年9月20日に、アジア初となるラグビーワールドカップ2019が日本で開幕します!
国内の12会場で実施され、ラグビー世界一の座をかけて激闘が繰り広げられます。

各チケットの説明等さらに詳しくご覧になりたい方は、ラグビーワールドカップ2019(TM)公式ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

お知らせ

この選手を見て!私の「推しラガーマン」

ただいま、みんなに見てほしい、あなたの「推しラガーマン」を募集しています!大会に出場するすべての選手の中から、「凄い!」「要チェック!」という選手を教えてください!

期間:9月1日(日曜日)~9月13日(金曜日)

応募方法:下からダウンロードできる用紙に、推している選手の名前、代表国名、あなたが推す理由やポイントを記入のうえ、FAXまたはメールで、スポーツ係まで FAX:03-5607-5151 メール:sportsshinkou@city.edogawa.tokyo.jp

応募用紙ダウンロード(ワード:1,051KB)(別ウィンドウで開きます)

ラグビーワールドカップとは

15人制ラグビーの世界一を決める国際大会で、4年に一度開催されます。

開催規模は夏季オリンピック、サッカーFIFAワールドカップに次ぎ、世界三大スポーツイベントの一つとされています。

その証拠に、前回のイギリス大会では、観客動員数240万人、テレビ等での視聴者数は40億人を超えたとも言われています。

第1回大会は1987年にオーストラリア・ニュージーランドで開催され、今回で9回目の開催となります。

日本代表チームは第1回から全ての大会に参加していますが、一度も予選プールを突破できていません。

今回は予選の組み合わせもよく、開催国の地の利も活かし、初の予選プール突破が期待されます。

さらに、決勝トーナメントで躍進し、優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」を手に入れることはできるのでしょうか。

  • ウェブ・エリス・カップ:ラグビーの発明者とされる「ウィリアム・ウェブ・エリス」から取られました。彼がイギリスのラグビー校でフットボールをしていた時、ボールを手に持って相手ゴール目指して走りだしたという逸話が伝わっており、これがラグビーの起源とされています。(諸説あります)

日本大会の概要

キャッチコピー:4年に一度じゃない。一生に一度だ。- ONCE IN A LIFETIME -

日程:2019年9月20日(金曜日)~11月2日(土曜日)

会場:横浜国際総合競技場(日産スタジアム)、東京スタジアム(味の素スタジアム)ほか、全12会場

出場国・地域:日本ほか、全20チーム

試合数:48試合

大会名誉総裁:秋篠宮皇嗣殿下

主催:ワールドラグビー

開催協会:公益財団法人日本ラグビーフットボール協会

大会運営主体:公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会

大会日程詳細

  • 開会式:9月20日(金曜日)午後6時30分

日本代表の試合予定

試合 日程 時間 会場 対戦相手(世界ランキング)
予選第1試合 9月20日(金曜日) 午後7時45分 東京スタジアム(調布市) ロシア(20位)
予選第2試合 9月28日(土曜日) 午後4時15分 エコパスタジアム(静岡県) アイルランド(3位)
予選第3試合 10月5日(土曜日) 午後7時30分 豊田スタジアム(愛知県) サモア(17位)
予選第4試合 10月13日(日曜日) 午後7時45分 横浜国際総合競技場(神奈川県) スコットランド(7位)
  • 日本は世界ランキング9位

デジタルアーカイブが公開されました

バナー
(外部サイトへリンク)
(別ウィンドウで開きます)

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会より、「日本ラグビーデジタルミュージアム」が公開されました。過去の大会や日本ラグビー界の歴史といった情報が、写真や文書で網羅された貴重なものです。皆さんもぜひご覧ください。

大会観戦チケット販売中!

現在は第四次一般販売および公式リセールを行っています。

ラグビーワールドカップ2019特別仕様ナンバープレートについて

国土交通省では、ラグビーワールドカップ2019開催を記念して、大会ロゴが付いた特別仕様のナンバープレートの交付を行っています。
また、交付手数料と別に1,000円以上の寄付を行うことで、大会ロゴと図柄入りのプレートを選択することができます。

写真:ナンバープレート

広報・PR

シティードレッシング

区内27商店街、延べ1,047本の街路灯に、ラグビーワールドカップの公式PRフラッグが掲揚されます。

また、陸上競技場には壁面シートが貼られています。是非ご覧ください。

図書館コラボ企画

区内の図書館で、ラグビーに関する書籍を置き、大会への気運を高めていきます。

実施館 企画名 概要 実施期間
中央図書館 ラグビーを楽しもう!! ラグビーのルールや歴史、楽しみ方がわかる本を展示します。 9月2日(月曜日)
~11月2日(土曜日)
小岩図書館 ミニ特集 ラグビー 大会に向けて、ラグビーに親しみを持ってもらうために、ミニ特集を展開します。 9月1日(日曜日)
~11月2日(土曜日)
松江図書館 特集展示「THE ラグビー」 ラグビー関連の本や、観戦に役立つ情報を展示します。 8月27日(火曜日)
~9月23日(月曜日)
小松川図書館 各分野のおすすめ資料 7類 図書館分類中の7類(芸術分野)を取り上げ、図書館資料を通してスポーツや芸術の魅力を伝えます。 9月20日(金曜日)
~10月27日(日曜日)
篠崎図書館 「ラグビーに親しむ」 ラグビーの魅力を感じてもらえるように、ラグビーグッズと併せてラグビー関連の資料の展示を行います。 9月20日(金曜日)
~11月2日(土曜日)
葛西図書館 TRY 大会に向けた機運醸成のために、ラグビーに関する資料を展示します。 9月1日(日曜日)
~11月2日(土曜日)
西葛西図書館 Let’s”TRY”!ラグビーを知ろう! ラグビー関連の資料を展示します。 8月27日(火曜日)
~11月2日(土曜日)
東葛西図書館 ラグビーがアツい! ラグビーに関する戦術や観戦のポイントなど、関連本を展示します。 9月1日(日曜日)
~10月27日(日曜日)
東部図書館 ミニ特集 ラグビー関係の本の展示を行います。 9月1日(日曜日)
~9月15日(日曜日)(予定)
読書週間×ラグビー ラグビーのポジション・背番号を記入したカードを作成し、1冊貸出ごとにシールを貼っていきます。15冊貸出があれば、15ポジションを網羅できます。 10月29日(火曜日)
~11月9日(土曜日)(予定)
篠崎子ども図書館 「トライ! ラグビー」 子どもたちにラグビーに興味を持ってもらえるように、ラグビーグッズなどの展示を行います。 9月25日(水曜日)
~11月24日(日曜日)
鹿骨コミュニティ図書館 ラクビー・スポーツ特集展示 ラグビー及びオリンピック種目のスポーツの本を展示します。 8月27日(火曜日)
~10月27日(日曜日)
清新町コミュニティ図書館 いまラグビーが熱い! ラグビーや様々なスポーツ関連本を展示します。 8月27日(火曜日)
~11月2日(土曜日)

ラグビー関連書籍の閲覧・冊子の配布

下表の区内図書館、スポーツ施設に、ラグビー関連書籍・冊子を配置していますので、是非ご覧ください。

ラグビーかんたん観戦ガイド(外部サイトへリンク)」および「ラグビー観光ガイドブック(外部サイトへリンク)」は配布も行っています。

総合体育館 陸上競技場 小岩図書館 西葛西図書館
スポーツセンター 水辺のスポーツガーデン 松江図書館 東葛西図書館
スポーツランド 区球場 小松川図書館 篠崎図書館
臨海球技場 中央図書館 葛西図書館 東部図書館

区役所本庁舎正面玄関でのPR

正面玄関前にカウントダウンタイマーと、大会プロモーション映像コーナーを設置しています。また、その右奥のスペースに「ラグビーTRYフォトブース」を設置しています。

「ラグビーTRYフォトブース」は、大観衆の前でトライする迫力の写真を、誰でも・気軽に・手軽に撮ることができるコーナーです。

写真:ラグビーTRYフォトブース

区内で開催されるラグビーイベント

区内で開催される大会・イベントを掲載しています。ぜひお立ち寄りください!

タワーホール船堀ライトアップ点灯式

タワーホール船堀を、大会マスコットキャラクター「レンジー」のカラー(日本代表ユニフォームカラー)にライトアップします。

日時:9月20日(金曜日)午後5時40分

会場:船堀駅北口広場

ラグビーPRブース

大会をより一層盛り上げるため、イオン葛西店でPRを行います。

日時:9月20日(金曜日)午後5時~9時

会場:イオン葛西店

内容:パネル展示、ペーパークラフト等を予定

ラグビー映画祭

大会の開幕を前に、感動のラグビー映画を見て気持ちをラグビーモードにしよう!料金は無料!是非お越しください!

日程 時間 タイトル
8月24日(土曜日) 午後6時30分 インビクタス~負けざる者たち~
8月25日(日曜日) 午後6時30分 グラス☆ホッパー
9月19日(木曜日) 午前10時 グラス☆ホッパー
午後0時30分 インビクタス~負けざる者たち~
午後4時 グラス☆ホッパー

会場:タワーホール船堀小ホール

料金:無料

ラグビー関連競技紹介

ラグビーの関連競技を紹介します。

ラグビーユニオン(15人制ラグビー)

日本では一般的に「ラグビー」というと、この15人制ラグビーを指します。

日本の最高峰リーグであるトップリーグや、ラグビーワールドカップも15人制ラグビーになります。

15人のうち8人がフォワード、7人がバックスという構成で試合を行います。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(外部サイトへリンク)

ラグビーリーグ(13人制ラグビー)

リーグラグビー、あるいは単にリーグと言ったりもします。

日本での知名度は低いですが、オーストラリアなどでは人気のあるスポーツとして知られています。

キック、スクラムが少なく、タックルの激しさやボールがよく回るのが特徴です。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

一般社団法人日本ラグビーリーグ協会(外部サイトへリンク)

セブンズ(7人制ラグビー)

7人制ラグビー、通称セブンズは15人制ラグビーをそのまま7人で行うような競技です。

2016年のリオオリンピックで初めて採用され、東京大会でも競技種目となっています。

フィールドは15人制のものを使用し、人が少ないため点の取り合いになりがちです。

40分ハーフの80分で行われる15人制ラグビーに比べ、セブンズは7分ハーフの14分と短いのも特徴の1つです。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(外部サイトへリンク)

タッチラグビー

ラグビーで用いられるタックルを安全な「タッチ」に置き換えたスポーツです。

4年に一度ワールドカップが開催されており、世界約50か国で親しまれています。

子どもから大人まで男女問わず楽しむことができるのが魅力の一つです。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

一般社団法人ジャパンタッチ協会(外部サイトへリンク)

タグラグビー

ラグビーリーグを基に、主に小学生・初心者向けに考案されたスポーツです。

危険性の高いタックルを、腰につけたタグを取る行為に置き換え、ルールも単純化されており、

年齢、性別、経験にかかわらず、誰もが楽しむことができます。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

タグラグビーオフィシャルウェブサイト(外部サイトへリンク)

ビーチフットボール

1990年に日本で生まれたビーチスポーツです。

タグラグビー同様、タックルが禁止されており、

砂の上で行うため倒れても安全な競技です。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

日本ビーチラグビー協会(外部サイトへリンク)

その他

5人制、ナインズ(9人制)、テンズ(10人制)、12人制など、人数に応じて楽しむことができます。

お問い合わせ

このページは文化共育部スポーツ振興課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?