区民向け情報

閉じる

トップページ > スポーツ・文化・観光 > スポーツ(えどすぽ!) > 新着ニュース > 【速報】池江璃花子選手がオリンピック内定の復活V!

更新日:2021年4月6日

ここから本文です。

【速報】池江璃花子選手がオリンピック内定の復活V!

第97回日本選手権でガッツポーズをする池江璃花子選手写真:YUTAKA/アフロスポーツ

「つらくてしんどくても、努力は必ず報われる。」「今はすごく幸せ。」

そんなコメントが聞けたのは東京2020大会の代表選考を兼ねた競泳の日本選手権(4月3日~10日)第2日。

女子100メートルバタフライ決勝で池江璃花子選手が57秒77で3年ぶり、涙の優勝を飾りました!

そして400メートルメドレーリレーの派遣標準記録(57秒92)を突破し、リレーメンバーとしてオリンピック代表に内定しました!

力強い泳ぎと涙のガッツポーズ、レース後のコメントはたくさんの感動と勇気を与えてくれました。

第97回日本選手権でバタフライ決勝で泳ぐ池江璃花子選手

写真:YUTAKA/アフロスポーツ

また、今大会100メートル自由形(7、8日)と50メートル自由形(9、10日)、50メートルバタフライ(10日)にも出場予定です。

残り3種目、さらなる活躍に向けて皆さん引き続き応援していきましょう。

大会概要

名称:第97回日本選手権水泳競技大会〔競泳競技〕

日程:令和3年4月3日(土曜日)~10日(土曜日)

会場:東京アクアティクスセンター(江東区)

主催:公益財団法人日本水泳協会

池江選手のエントリー種目(決勝のみ)

日程 種目

五輪派遣

標準記録

復帰後

ベストタイム

自己ベスト

結果

4日 100メートルバタフライ 57秒10 59秒44 56秒08(日本記録) 57秒77(優勝)
8日 100メートル自由形 53秒31 55秒35 52秒79(日本記録)  
10日 50メートルバタフライ 非五輪種目      
10日 50メートル自由形 24秒46 24秒91 24秒21(日本記録)  

オリンピック代表の条件は、決勝で日本水泳連盟が定めた派遣標準記録を突破して2位以内に入れば内定します。

また、100メートル自由形はリレーメンバー4人の選考を兼ねてます。

池江選手の成績

女子100メートルバタフライ(4日:決勝)

  • 優勝 57秒77

お問い合わせ

このページは文化共育部スポーツ振興課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?