区民向け情報

閉じる

更新日:2021年8月31日

ここから本文です。

池江 璃花子選手が涙と笑顔の8位入賞!

東京2020大会で3種目のリレーに出場した池江璃花子選手。力泳する姿だけでなく、たくさんの笑顔と涙を見せてくれました。

【結果】女子4×100メートルメドレーリレーに出場!決勝進出で8位入賞!

7月30日(金曜日)、東京2020大会「競泳女子4×100メートルメドレーリレー」に池江璃花子選手が第3泳者として、小西杏奈選手、渡部香生子選手、五十嵐千尋選手と予選1組に出場。3分57秒17で1組3位。全体順位6位で予選を突破し、決勝進出を果たしました。

続く8月1日(日曜日)に行われた決勝では3分58秒12で8位入賞。大粒の涙と笑顔を見せ、3年後のパリ五輪へ早くも視線を向けている池江璃花子選手をこれからも区民みんなで応援していきましょう!

【結果】混合4×100メートルメドレーリレーに出場!

7月29日(木曜日)、東京2020大会「競泳混合4×100メートルメドレーリレー」に池江璃花子選手が第4泳者として、小西杏奈選手、佐藤翔馬選手、松元克央選手と予選2組に出場。3分44秒15で2組6位。全体順位9位で予選突破はできませんでしたが、東京2020大会から新たに採用されたこの種目に明るい表情でレースを振り返りました。

【結果】4×100メートルフリーリレーに出場!

7月24日(土曜日)、東京2020大会「競泳女子4×100メートルフリーリレー」に池江璃花子選手が第2泳者として、五十嵐千尋選手、酒井夏海選手、大本里佳選手と予選2組に出場。3分36秒20で2組5位。全体順位9位で予選突破はできませんでしたが、池江選手の力泳する姿は区民だけでなく世界中に感動と勇気をあたえてくれました。

(代表選考)リレー2種目で内定!

優勝してガッツポーズの池江選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

東京2020大会の代表選考を兼ねて行われた、第97回日本選手権水泳競技大会(2021年4月3日から10日:東京アクアティクスセンター)で区内出身の池江璃花子選手が素晴らしい結果を出して大会出場が内定しました。

  • 女子100メートルバタフライにて400メートルメドレーリレー派遣標準記録を突破して1位。
  • 女子100メートル自由形にて400メートルフリーリレー派遣標準記録を突破して1位。

その他、50メートルバタフライおよび50メートル自由形でも優勝。今大会で出場4種目、11レースに出場し『全種目優勝の4冠』を達成。

紹介動画(えどがわ区民ニュース)

東京2020大会情報

東京2020大会(2021年7月23日から8月8日)

池江璃花子選手:エントリー種目日程

出場日程 種目  

時間

会場

7月24日(土曜日) 女子4×100メートルフリーリレー 予選 21時15分-21時35分 東京アクアティクスセンター
7月25日(日曜日) 女子4×100メートルフリーリレー 決勝 11時45分-11時55分 東京アクアティクスセンター
7月29日(木曜日) 混合4×100メートルメドレーリレー 予選 20時27分-20時36分 東京アクアティクスセンター
7月31日(土曜日) 混合4×100メートルメドレーリレー 決勝 11時43分-11時50分 東京アクアティクスセンター
7月30日(金曜日) 女子4×100メートルメドレーリレー 予選 20時57分-21時10分 東京アクアティクスセンター
8月1日(日曜日) 女子4×100メートルメドレーリレー 決勝 11時15分-11時36分

東京アクアティクスセンター

  • 6月28日、女子400メートルフリーリレーのエントリーが発表。
  • 7月29日、混合メドレーリレーのエントリーが発表(池江選手はアンカーの自由形で出場)。
  • 7月30日、女子400メートルメドレーリレーのエントリーが発表(池江選手は第3泳者のバタフライで出場)

池江璃花子選手の活躍を区民全員で応援していきましょう!

池江璃花子選手のレース風景(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

リンク

お問い合わせ

このページは文化共育部スポーツ振興課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?