区民向け情報

閉じる

更新日:2019年2月28日

ここから本文です。

資源物の持ち去り防止対策

資源物の持ち去り防止対策

江戸川区では、集積所での資源回収を行っており、区民のみなさまにご協力をいただいています。
しかし、区が委託する回収業者が回収する前に無断で持ち去る行為が行われており、みなさまからの情報提供や相談も少なくありません。
区として委託業者以外の者が集積所から資源を持ち去る行為を認めてはおらず、次のような持ち去り対策を実施しておりますが、行政と地域のみなさまとが協働で持ち去りのしにくい環境を作ることも必要と考えておりますので、ご協力をお願いいたします。

江戸川区で実施している対策

  • 集団回収事業の促進
  • 清掃課職員によるパトロールの実施
  • 資源回収委託業者による資源持ち去り防止パトロールを兼ねた一部資源の先行回収の実施
    (資源回収日の対象エリアで朝7~8時に実施)
  • 集積所看板、資源回収用コンテナなどへの持ち去り禁止表示
  • 排出時間の協力依頼
  • 集積所ネット取り付け用の持ち去り禁止ステッカーの貸し出し
    (ご希望の方は、管轄の清掃事務所へお問い合わせ下さい)
  • 青パトによるパトロール
  • 「古紙持ち去り行為撲滅対策にあたっての関係者間に係る覚書」の締結
  • 新聞回収袋の配付

区民のみなさまへのお願い

集団回収の実施

集団回収とは、地域の住民団体(町会・自治会・子ども会・PTA・くすのきクラブ・マンション管理組合など)が、各家庭から出る古紙(新聞、雑誌・雑がみ、段ボール、紙パック)やアルミ缶などの資源を持ち寄り、団体が契約した回収業者に引き渡すリサイクル活動のことです。集団回収で集めた資源は団体の所有物となり、それを持ち去ると窃盗罪として罪に問うことができます。これを推進することで持ち去りのしにくい環境を作ることができるため、地域の皆様と連携し対策に取り組んでいるところです。
集団回収の詳細については以下をご参照下さい。

集団回収について

排出時間の協力

集積所へは当日の午前8時までにお出し下さい。前日の夜に出されると、持ち去り被害にあいやすくなります。

新聞回収袋の活用

  

持ち去り行為を抑止する新聞回収袋は環境部清掃課ごみ減量係で配付をしています。
使用する際は、ひもで縛ってお出しください。なお、新聞以外のものは入れないでください。また、新聞販売店回収、その他民間業者によるちり紙交換、集団回収などには使用しないでください。

配付場所:環境部清掃課ごみ減量係(中央1丁目4番1号 区役所本庁舎北棟3階)

お問い合わせ

このページは環境部清掃課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?