区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

春江町三丁目南地区のまちづくり協議会

協議会概要

協議会名称

春江町三丁目南地区まちづくり協議会

目的

春江町3丁目南地区のまちづくりに関する話し合いの場として協議を進め、防災性と住環境の向上を図るため、まちづくり計画を提言し、安心して快適に暮らせるまちづくりに寄与する。

活動内容

  1. まちづくりに必要な啓発活動
  2. まちづくり計画を作成し、提言として江戸川区に提出
  3. まちづくり協議会ニュースの作成・発行、情報公開

組織・構成

  1. 春江町3丁目南地区の町会関係者、または町会から推薦された方
  2. 春江町3丁目南地区に居住、もしくは土地建物を所有する方で、まちづくりに参加したい方

会員数(平成13年9月現在)

25名

協議会設立までの経緯

平成10から11年

東京都の防災都市づくり推進計画で「整備対象地域」に位置付けられている「一之江3丁目全域、春江町3丁目1から13番、西瑞江3丁目全域」において各種調査を行いました。

平成12年1月

江戸川区が、調査結果報告会を開催しました。

平成13年5月

春江町3丁目南地区を「優先地区」として位置付けました。

平成13年5月

春江町3丁目南地区まちづくりニュースを発行し、まちづくり協議会会員の募集を行いました。

平成13年4・6月

まちづくり協議会への応募者や町会の関係者による懇談会を行いました。

平成13年6から7月

まちづくり協議会の設立準備会を行いました。

平成13年9月6日

春江町三丁目南地区まちづくり協議会の設立総会を行いました。

まちづくり協議会の進め方

「自分たちのまちづくりは、自分たちの手で」という考えのもと、公募者・町会関係者の皆さんが定期的に集まって、今後のまちづくりの進め方について話し合っています。
まちづくり協議会は開かれた会議としてオープンに情報を公開しています。
常に地元のみなさんのご意見を募集しています。

図 まちづくり協議会イメージ図

これまでの活動例

平成13年9月6日の協議会設立総会から、月1回のペースで協議会を開いていく予定です。

協議会設立総会の様子

平成13年6月から7月にかけて行われた、協議会設立準備会(計2回開催)を経て、平成13年9月6日(木曜日)に協議会設立総会を開催しました。
協議会では、今後、協議会を進めていくうえで必要となる「規約の確認」・「役員の選出」、そして今後の活動内容に関する協議などを行いました。

写真 協議会設立総会の様子

第1回協議会(まち歩き)の様子

平成13年9月30日(日曜日)に第一回協議会としてまち歩きを実施しました。私たちのまち春江町三丁目南地区を委員のみんなで歩いて点検しました。
良いところや問題のありそうなところなどいろいろな発見がありました。
さまざまな感想や意見がありましたので紹介します。

写真 第1回協議会(まち歩き)の様子

まち歩きで出てきた意見

  • やはりこの地区の道路は狭い(月並みで、誰でも同じ考えと思うが)。
  • 火事の際、地区中央部の消火が難しい。消防車が入られないことを実感した。
  • 最近出来た住宅地の幅員4.5メートルの道路がやけに広く感じた。
  • 春江橋の通りに歩道が欲しい。
  • 新中川の土手の階段を緩く出来ないか?高齢者の利用や避難路として大切では?
  • 地区内に車で入ると出られない。
  • 行き止りの奥の更地を使って通り抜けを。
  • 倒れかかっているブロック塀があり、危険であると感じた。
  • 密集した住宅地内に公園が一つもない。
  • 春江橋たもとの桜の木を残しておきたい。
  • 駐車場・空地は、まちづくり用地として区が確保しておく必要がある。

今までの協議会の経過

その後、まち歩きのまとめとしてまちの点検マップを作成し、そこから地区の課題を整理しました。

課題の整理
交通について

  • 交通安全対策
  • 通過交通対策
  • 道路への自転車等のはみ出し対策

防災について

  • 防災水利の確保
  • 避難路の確保
  • ブロック塀の除去

公園・緑について

  • 緑が少ないので公園・広場づくり
  • 垣柵の緑化
  • 緑の保全

建物・街並について

  • 建物の不燃化による防災に強いまちづくり

道路について

  • 狭あい道路の解消
  • 消防活動困難区域の解消
  • 道路整備の推進

その中から関心の高かった「道路」「建替え」「防災」を重要3テーマとして絞込み、話し合いを行っています。

道路

この地区でどの道路・道が重要か考えてみました。

  • 防災上(消防活動困難地域の解消)どうしても必要な東西の道路が重要。消防車や救急車がスムーズに出入りできる生活道路の整備が必要。そして、奥まで入った車両の回転スペースの設置が必要。
  • 旧水路の段差解消。(旧水路をかさ上げして、段差を解消し通路を改善する。)
  • 春江橋通りと都市計画道路288号線を結ぶ南北の道路がほしい。
  • その他の道路については地区計画などのまちづくりルールにより、建替えなどの際に徐々に改善していったらどうだろうか?

建替え

この地区ではどのような建替えができるか考えてみました。

  • 個別の建替え:(一戸建や二世帯住宅など従来通りの建替え方法)
  • 協調建替え:地区計画などまちづくりルール(建物の壁面後退など)を守ることにより、融資の優遇や規制緩和(建ぺい率・容積率の緩和など)が受けられる。
  • 共同建替え:(敷地を共有した戸建集合や中高層共同住宅への建替え)
  • 住み替え:(近隣の賃貸住宅への住み替え、定期借地権付分譲への住み替え)
  • また、江戸川区では土地や建物についての様々な融資制度があることがわかりました。

防災

防災に関して今後取り組まなければいけないことなどを考えてみました。

  • 消防車や救急車が円滑に活動できるようにしなければならない。(地区の奥まで、緊急車両が入っていける道路の整備が必要)
  • 避難路の確保。(「いざ」というときに高齢者や子供が安心して避難できるルートの確保が必要)
  • 防火水槽などを設置するための小広場の設置。(地区内をカバーできるように)
  • 燃え広がらないまちづくり。(建物の不燃化)

写真 協議会の様子

これからの活動予定

今後、春江町三丁目南地区まちづくり協議会では、区にまちづくり提言を提案するための検討をおこないます。

その後、春江町3丁目南地区にお住まい・関係する方を対象にその提言(案)の説明会をおこない、夏ごろに協議会として取りまとめた内容を提言として江戸川区に提案し、行政と住民の協働によるまちづくりを実現して行きます。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは都市開発部まちづくり調整課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?