区民向け情報

閉じる

更新日:2019年12月19日

ここから本文です。

戸建て住宅など

令和元年度助成申請期限について

「耐震コンサルタント派遣」

令和2年2月17日(月曜日)

※令和2年度は、令和2年4月1日(水曜日)から受付予定です。

「精密診断・耐震改修設計」・「耐震改修工事」

令和2年1月15日(水曜日)

その他、令和2年1月末日までに契約令和2年2月28日(金曜日)までに区へ実績を報告することが条件となります。

※令和2年度は、令和2年4月1日(水曜日)から受付予定です。

助成対象となる戸建て住宅

この制度の対象となる戸建て住宅は、つぎの要件のすべてを満たすことが必要です。

  • 江戸川区内にあり、個人が所有する住宅
  • 昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築された住宅(空き家も対象)
  • 店舗等の部分を備える場合は、住宅部分の面積が延床面積の2分の1を超える住宅

助成内容

区分 対象 助成率 助成限度額
耐震
コンサルタント派遣
(簡易診断)※
昭和56年5月31日以前に建築された住宅 無料 -
精密診断
耐震改修設計
上記のコンサルタント派遣を受けた住宅 80%
  • 木造住宅 30万円
  • 非木造住宅 45万円
非木造住宅において、
診断と設計を分けて実施する場合は、
診断30万円・設計15万円
耐震改修工事 上記の精密診断・改修設計を受け、その評点を1.0以上に上げる工事 [課税世帯]
50%
[非課税世帯]
3分の2
[木造借家・木造アパートなど]
50%
  • 木造住宅
[課税世帯]
100万円
[非課税世帯]
150万円
[木造借家]
100万円
[木造アパートなど]
150万円
  • 非木造住宅
[課税世帯・非課税世帯]
150万円

耐震コンサルタントにお申込みできる方

対象建築物の所有者または居住者。木造の賃貸住宅にあっては、耐震コンサルタント派遣制度の実施に対する所有者および居住者双方の同意があること。

パンフレット

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは都市開発部住宅課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。