区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

緊急輸送道路沿道建築物

緊急輸送道路とは

災害時に救助や物資輸送など、救援活動に大きな役割を持つ幹線道路をいいます。

緊急輸送道路図(東京都耐震ポータルサイト)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

助成対象となる緊急輸送道路沿道建築物

この制度の対象となる建築物は、つぎの要件のすべてを満たすことが必要です。

  • 昭和56年5月31日以前に建築確認を取得して建築された建築物
  • 敷地が緊急輸送道路に接する建築物
  • 建築物のそれぞれの部分から緊急輸送道路の境界線までの水平距離に、道路幅員の2分の1に相当する距離を加えたものに相当する高さの建築物

図 緊急輸送道路沿道建築物

助成内容

区分 対象となる建築物 助成対象限度額 補助率
耐震診断 昭和56年5月31日以前に建築確認を受けた建築物で、高さが当該道路幅員の2分の1と前面空地の幅を加えた幅の合計以上であること。 耐震診断費用の額と区が指定する面積区分による単価(注釈)によって得た額の合計額を比較し少ないもの。
(注釈)図面復元等がある場合は拡充があります。
5分の4
改修設計 耐震診断により、耐震改修工事が必要と判断された建築物。 改修設計費用の額と区が指定する面積区分による単価によって得た額の合計額を比較し少ないもの。 3分の2
改修工事 耐震改修設計が完了している建築物

改修工事費用と限度額単価(注釈)に当該建築物の延べ面積を乗じて得た額とを比較して、いずれか少ない額(1棟当たりの限度額があります。)
(注釈)免震工法等の特殊工法の場合は拡充がありす。

5,000平方メートル以下の部分
3分の2
5,000平方メートルを超える部分
3分の1

パンフレット平成29年度版)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは都市開発部住宅課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。