区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

退職所得に係る計算方法の変更について

平成25年1月1日以降、10%の税額控除が廃止されますのでご注意ください。また、勤続5年以内の法人役員等の2分の1課税も廃止されます。

税額の計算式

{(退職金の額-退職所得控除額)×2分の1}(注釈1)×税率=住民税額(注釈2)

注釈1 1,000円未満の端数は切り捨てます。
注釈2 100円未満の端数は切り捨てます。
※勤続年数5年以内の法人役員等の退職金については上の計算式の2分の1は適用されません。

法人役員等とは次に掲げる人をいいます。

  • 法人税法第2条第15号に規定する役員
  • 国会議員及び地方公共団体の議会の議員
  • 国家公務員及び地方公務員

退職所得控除額

勤続年数20年以下の場合

40万円×勤続年数(80万円未満の場合は80万円)

勤続年数20年超の場合

70万円×(勤続年数-20年)+800万円

なお、勤続年数に1年未満の端数が生じたときは、これを1年として計算します。

税額試算シミュレーション

税額試算シミュレーションでは、退職金額と勤続年数等を入力するだけで、退職金に係る税額の試算ができます。ぜひご利用ください。

税額試算シミュレーション(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

税額の計算

平成25年1月1日以降に退職し支払われる退職金の例

勤続年数30年で退職金の額1,600万円の方の場合

退職所得控除額

70万円×(30年-20年)+800万円=1,500万円

住民税額

特別区民税
(1,600万円-1,500万円)×2分の1×6%=30,000円
都民税
(1,600万円-1,500万円)×2分の1×4%=20,000円

住民税額計
30,000円+20,000円=50,000円

平成24年12月31日以前に退職し支払われる退職金の例

勤続年数30年で退職金の額1,600万円の方の場合

退職所得控除額

70万円×(30年-20年)+800万円=1,500万円

住民税額

特別区民税
(1,600万円-1,500万円)×2分の1×6%×0.9=27,000円
都民税
(1,600万円-1,500万円)×2分の1×4%×0.9=18,000円
住民税額計
27,000円+18,000円=45,000円

退職所得に係る住民税の納め方について

問い合わせ

納税課問い合わせ先一覧

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは総務部納税課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?