区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き > 税金 > 住民税 > 税法改正 > 2013年(平成25年)度分住民税から適用されるもの

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

2013年(平成25年)度分住民税から適用されるもの

平成25年度分住民税から適用される主な税制改正は以下のとおりです。

生命保険料控除の改組

平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る保険料と平成23年12月31日以前に締結した保険契約に係る保険料では、生命保険料控除の取扱いが異なります。

平成24年1月1日以後に契約締結した保険契約等(新契約)に係る控除

新たに介護医療保険料控除を設け、一般生命保険料控除、介護医療保険料控除、個人年金保険料控除のそれぞれの適用限度額は2.8万円、合計適用限度額は7万円となります。
各保険料控除の控除額の計算は下表のとおりです。

新契約に係る控除額の計算

平成23年12月31日以前に契約締結した保険契約等(旧契約)に係る控除

今までどおり、一般生命保険料控除、個人年金保険料控除が適用され、それぞれの適用限度額は3.5万円、合計適用限度額は7万円です。
各保険料控除の控除額の計算は下表のとおりです。

旧契約に係る控除額の計算

新契約と旧契約の両方について控除の適用を受ける場合の控除額の計算

一般生命保険料控除と個人年金保険料控除においては、新契約での控除額と旧契約での控除額を合計することができますが、この場合の各控除額の適用限度額は2.8万円です。
なお、合計後の一般生命保険料控除と個人年金保険料控除に加え、介護医療保険料控除があり、控除額の合計が7万円を超えた場合でも、合計適用限度額は7万円となります。

【改正後の生命保険料控除の概要】

改正後の生命保険料控除の概要

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは総務部課税課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?