区民向け情報

閉じる

トップページ > くらし・手続き > 税金 > 住民税 > 税法改正 > 2019年(平成31年)度分住民税から適用されるもの

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

2019年(平成31年)度分住民税から適用されるもの

配偶者控除と配偶者特別控除の見直し

平成31年度から配偶者控除と配偶者特別控除について以下のとおり改正がありました。

  • 配偶者控除について、納税者本人の合計所得金額が、1,000万円を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができないこととされます。
  • 配偶者特別控除について、対象となる配偶者の合計所得金額の上限が123万円以下(現行:76万円未満)に引上げられます。また、配偶者控除と同じ所得控除額(33万円)の対象となる配偶者の前年の合計所得金額の上限が90万円以下(現行:45万円未満)に引上げられます。
  • 配偶者控除及び配偶者特別控除について、控除が適用される納税者本人の合計所得金額に応じて、控除額が細分化されます。

改正後の納税者本人の合計所得金額と控除額

(参考)カッコ内は給与所得のみの場合の給与収入金額

  納税者本人の合計所得金額
900万円以下
(1,120万円以下)
900万円超
950万円以下
(1,120万円超
1,170万円以下)
950万円超
1,000万円以下
(1,170万円超
1,220万円以下)
1,000万円超
(1,220万円超)
配偶者の合計所得金額 配偶者控除 38万円以下
(103万円以下)
33万円
※配偶者の年齢が70歳以上の場合は
38万円
22万円
※配偶者の年齢が70歳以上の場合は
26万円
11万円
※配偶者の年齢が70歳以上の場合は
13万円
控除なし
配偶者特別控除 38万円超90万円以下
(103万円超155万円以下)
33万円 22万円 11万円
90万円超95万円以下
(155万円超160万円以下)
31万円 21万円 11万円
95万円超100万円以下
(160万円超166万8千円未満)
26万円 18万円 9万円
100万円超105万円以下
(166万8千円以上175万2千円未満)
21万円 14万円 7万円
105万円超110万円以下
(175万2千円以上183万2千円未満)
16万円 11万円 6万円
110万円超115万円以下
(183万2千円以上190万4千円未満)
11万円 8万円 4万円
115万円超120万円以下
(190万4千円以上197万2千円未満)
6万円 4万円 2万円
120万円超123万円以下
(197万2千円以上201万6千円未満)
3万円 2万円 1万円
123万円超
(201万6千円以上)
控除なし

本改正における注意点

納税者本人の合計所得金額が1,000万円超で配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合は配偶者控除の適用はありませんが、配偶者が障害者であれば、障害者控除の対象になります。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは総務部課税課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?