区民向け情報

閉じる

トップページ > 防災・安全 > 防災 > お知らせ > 2018年(平成30年)度江戸川区総合防災訓練

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

2018年(平成30年)度江戸川区総合防災訓練

 

江戸川区総合防災訓練は、江戸川区で年に1度行われる大規模な防災訓練です。
区や防災関係機関による機関訓練を中心に、住民訓練コーナーを設置して総合的な防災力の向上を目指しています。
いざ災害が起こった時にご自身やご家族の身の安全を守るためにも、積極的に参加しましょう。

来場される皆様へ
訓練当日は高温が予想されています。熱中症から身を守るため、帽子の着用、こまめな水分補給など、体調管理にご留意ください。
会場内の各所には、だれでもご利用可能な給水拠点を設けておりますので、水分補給にご利用ください。
また、会場で体調が悪くなった方、体調が悪そうな方をお見かけの方は速やかにお近くの係員までお知らせください。

実施日時

平成30年7月26日(木曜日) 午前8時55分~11時00分

会場

江戸川区篠崎町1丁目地先 江戸川河川敷(江戸川大橋上流)

会場までの案内図(PDF:340KB)(別ウィンドウで開きます)

状況想定

午前9時に東京湾北部を震源とするマグニチュード7.3規模の直下型地震が発生し、一部地域では震度7を記録するなど、広域的な被害が発生しているという想定です。

訓練の特徴

  1. 例年通り、防災関係各機関の連携強化を図る訓練を展開します。
  2. 江戸川区議会は、区民の代表として「区議会災害対策本部」の設置訓練や情報収集活動を実施します。
  3. 住民訓練コーナーでは、各種訓練に区民の皆さんが自由に参加いただけます。

訓練内容

機関訓練

  • 情報収集伝達(FMえどがわ割込放送、えどがわメールニュース、ツイッター等)
  • 道路啓開活動
  • 救出・救護活動
  • ライフライン復旧活動
  • 避難所開設訓練
  • 医療救護活動
  • 大規模消火活動
  • 炊出し活動

PR・住民訓練コーナー

  • 初期消火訓練
  • 起震車による地震体験
  • 煙体験ハウス
  • 応急救護体験(AED取扱い)
  • 災害用伝言ダイヤル「171」体験コーナー
  • 備蓄用品の展示
  • 災害ボランティアセンターの活動PR
  • ガスメーター復旧体験 等

訓練会場簡易レイアウト図(PDF:227KB)(別ウィンドウで開きます)

参加機関

江戸川区、警察、消防、自衛隊、医師会など防災関係機関及び協力団体

参加機関提出書類はこちら

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは危機管理室地域防災課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。