区民向け情報

閉じる

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

応急給水用資器材

東京都では現在、応急給水に必要となる消火栓等を活用した資器材を、5,000人あたりに1基の割合で自治体に配備する計画を進めています。
江戸川区では136セットが配備されることになっており、平成25年度からの3ヵ年で配備される計画です。
これは、災害による断水時の飲料水の確保を目的としており、また、この機材は初期消火活動にも活用することができます。これによって自助・共助による防災力のさらなる向上が期待されています。
区では、地域によって偏りが出ないようにバランスを考慮した上で、配備する町会・自治会を決定していきます。

応急給水資機材デモ訓練の様子1
応急給水資機材デモ訓練を平成25年5月16日に実施しました

応急給水資機材デモ訓練の様子2
スタンドパイプを消火栓に取り付けています

応急給水資機材デモ訓練の様子3
スタンドパイプを使って引かれた水は飲料水として利用できます

 

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは危機管理室防災危機管理課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?