区民向け情報

閉じる

トップページ > 防災・安全 > 防災 > 江戸川区の災害対策<公助> > 避難情報・避難行動について

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

避難情報・避難行動について

「避難準備・高齢者等避難開始」・「避難勧告」・「避難指示(緊急)」の違い

地震時の大規模火災や水害時(洪水・高潮)など、人命に危険がおよぶ恐れがあるときに、区が「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」を発令する場合があります。これらの違いをよく理解し、適切な避難行動をとって身を守りましょう。また、危険を感じる場合には、区からの避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)を待たず、自らの判断で早めに避難することも重要です。

避難情報の種類

種類

危険度

内容

避難準備・
高齢者等避難開始

高くなる
見込み

・高齢者や障がい者など、避難に時間を要する方(要配慮者)及び避難を支援する方へ、避難を促します。
・その他の方も、いつ、どこで、避難勧告が発令されても早い段階で避難行動に移れるように、避難の準備を呼びかけるものです。

避難勧告

高い

・避難が必要な区域の居住者等へ速やかに避難を促します。

避難指示(緊急)

非常に高い ・危険が切迫し早急な避難が必要なときに発せられるもので、居住者等に避難を指示します。

発令に応じた避難行動

避難準備・高齢者等避難開始

  • お年寄りの方、体の不自由な方、小さな子どもがいらっしゃる方など、避難に時間のかかる方とその避難を支援する方は、避難を開始してください。
  • それ以外の方についても、気象情報に注意し、危険だと思ったら早めに避難を開始してください。

避難勧告

  • 速やかに避難を開始してください。外が危険な場合は、屋内の高いところに避難してください。

避難指示(緊急)

  • 緊急に避難してください。外が危険な場合は、屋内の高いところに緊急に避難してください。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは危機管理室防災危機管理課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?