区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 計画・目標 > 東京2020大会に向けた江戸川区の取組み > イベント情報 > 東京2020大会に向けたボランティアシンポジウムを開催

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

東京2020大会に向けたボランティアシンポジウムを開催

当日の様子

3月13日、タワーホール船堀において「東京2020大会に向けたボランティアシンポジウムin江戸川区」が開催され、約200名の方にご参加いただきました。

シンポジウムではリオデジャネイロ2016大会にボランティアとして参加した竹澤氏と池田氏のボランティア体験談や、江戸川区で開催されるカヌースラローム競技の魅力を、現役選手である竹下氏からお話しいただきました。

その他にも、東京2020大会の大会ボランティア・都市ボランティアの概要やスケジュール等の説明もあり、熱心にメモをとる参加者が数多くいらっしゃいました。

参加した方からは、「このシンポジウムに参加して、オリンピック・パラリンピックがより身近に、楽しみに感じられた」、「江戸川区の名所を学び、訪れる方に江戸川区の魅力を伝えたい」といったコメントが寄せられました。

なお、質疑応答の中で、ボランティアも競技観戦は可能かという質問に対して、チケットが配布されたという話がありましたが、これはリオデジャネイロ大会の場合です。東京2020大会のチケットの取り扱いはまだ未定ですのでご了承ください。


パネルディスカッション


竹下 百合子氏(カヌー選手)


竹澤 正剛氏(日本スポーツボランティアネットワーク)


池田 康太氏(東京外国語大学4年生)


熱心に聞き入る参加者

 

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?