区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2018年(平成30年) > 12月 > 2018年(平成30年)12月3日 平成庭園に「雪吊り」設置

更新日:2019年1月31日

ここから本文です。

2018年(平成30年)12月3日 平成庭園に「雪吊り」設置

”本格的な冬に備え、園内のゴヨウマツに”

江戸川区立行船公園内(北葛西3丁目)の平成庭園では、「雪吊り」の取り付け作業が庭師らによって11月30日(金曜日)から続けられ、本日(3日)設置作業が終わりました。本格的な冬の訪れを知らせる風物詩に来園者は足を止め、カメラに収めるなどしていました。

平成元年3月に開園した「平成庭園」は、池を取り囲む緑豊かな「築山池泉廻遊式(つきやまちせんかいゆうしき)」の日本庭園。池畔を回る散策路では、四季折々に移り変わる自然の美しさと身近にふれあうことができます。

雪吊りとは、雪の付着により樹木の枝が折れたり、幹が傷ついたりしないように、縄で枝などを守る豪雪地域伝来の技法。降雪量の少ない東京では実用性は少ないものの、同園では伝統文化の伝承や季節感を楽しむ美観目的のため、平成元年の同園開設当初から毎年この時期に行っています。

雪吊りには「兼六園式」、「北部式」、「南部式」の基本三様式があります。同園では細めの荒縄を沢山吊り込んだ装飾的な「南部式」を採用。頭飾りにはバレンや纏といわれる吊り縄を編み込んだ装飾がされています。作業はまず、熟練の技を持った職人が、樹木全体の枝ぶりを観察し、美しく効果的に取り付けられるようにイメージすることから始めます。樹高約約1.5倍かつ枝幅以上の長さに裁断した太い青竹の帆柱にして、幹に取り付けて立てます。下方に広がる枝幅より長い細竹を幾つも裾まわりに渡して、幹や地面に打った棒杭に結んで固定。渡した細竹の先端をシュロ縄でつなぎ合わせ、帆柱の頂上から伸ばした約50本の張り縄をおよそ30センチメートル間隔でくくり付けて完成です。

同園ではこの時期、ゴヨウマツなど5本の樹木に雪吊りを施しており、維持管理を受託する業者の職人が作業にあたりました。本日(3日)、職人たちが声を掛けあい、全体のバランスを見ながら、何度も縄を結びなおすなどして、慎重に作業を進めていました。30日(金曜日)から始まった作業は、本日の午前中で全ての作業を終え、本格的な冬への衣替えを済ませました。

12月3日現在、同園ではイチョウやモミジなど紅葉シーズンの終盤を迎えており、秋から冬に移り変わる風景を楽しむことができます。

写真:雪つり作業の様子 写真:平成庭園の紅葉と雪吊り

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?