区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 11月 > 2021年(令和3年)11月19日 「第23回産業ときめきフェアinEDOGAWA-Online-」本日から開催

更新日:2021年11月19日

ここから本文です。

2021年(令和3年)11月19日 「第23回産業ときめきフェアinEDOGAWA-Online-」本日から開催

”初のオンライン開催!子どもも楽しめる製造過程の紹介動画など 下町の技が満載”

製造業を中心とした区内外の企業や団体等の優れた製品や技術力を広く紹介する「第23回産業ときめきフェア in EDOGAWA」が本日(19日)10時からオンラインで開催されています。主催は、産業ときめきフェア実行委員会及び江戸川区。期間は12月18日(土曜日)16時まで。

同フェアは、企業間の受注機会の拡大などビジネス交流を促進し、区内産業全体の活性化を図るとともに、区内外に向けて、江戸川区のものづくり企業の高い実力とその魅力を伝えることを目的としたイベント。新たに開発した製品や企業が有する確かな技術を目の前で見ることができるとあって、一昨年(第21回)は2日間で延べ1万7千人が来場しました。しかし、昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止に。今年は会場で開催予定でしたが、出展者や来場者の安全を考え、初のオンライン開催となりました。

今回は、出展企業の優れた製品や技術を紹介する「企業展示」やものづくりの魅力や楽しさに触れる「映像で学ぶ」コーナー、SDGsに取り組む区内企業や山形県鶴岡市との友好都市40周年を記念する「企画展示」などが見どころ。「企業展示」では、今回出展している製造業を中心とした101の企業・団体等を「一般・精密機械器具」や「プラスチック・化学・ゴム」、「繊維・皮革」など7つの業種に分けて紹介。今年初出展の国産産業用ドローンの自律制御システムを手掛ける企業や“趣味”で宇宙開発を行う団体、エアーブラスト装置製造で国内でも高いシェアを誇る企業など、本区を代表するものづくり企業等が出展しています。各社のページでは、オンライン上でも製品の良さが伝わるように、画像や動画を用いてわかりやすく説明。問い合わせフォームから出展者に直接連絡を取ることも可能です。

「映像で学ぶ」では、子どもから大人まで楽しめるように、製品ができるまでの紹介動画を用意。創業100年を超える老舗企業や高い加工技術で私たちの生活を支えている製造企業など、区内6つの企業を紹介しています。普段生活の中で使っている製品の製造過程を知ることで、ものづくりを身近に感じてもらい、その素晴らしさを体感してもらう狙いです。「企画展示」では、SDGsに取り組む3つの区内企業を紹介。エネルギーの有効活用によって脱炭素社会に貢献している企業や日本初のプラ模型「原子力潜水艦ノーチラス号」の金型製造に携わった企業が作るエコプラなど、各企業のSDGsの達成に向けた取り組みを取り上げています。鶴岡市の特集では、同市の地場産業や伝統工芸品、観光名所などの産業資源などを紹介しています。

このほか、本日(19日)には、海外展開への方策など中小企業向けのビジネスセミナー、明日(20日)には、国内最大の化学系学術団体である(公社)日本化学会関東支部が「COVID-19」に関する講演会をオンラインで開催します。

リンク先

「第23回産業ときめきフェアinEDOGAWA-Online-(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?