区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 11月 > 2021年(令和3年)11月19日 「第1回えどがわBOXART展」開催中

更新日:2021年11月19日

ここから本文です。

2021年(令和3年)11月19日 「第1回えどがわBOXART展」開催中

“現代アーティストで東京芸術大学美術学部長の日比野克彦氏が企画・監修”

SDGsの理念である「誰一人取り残さない」、特に多様性の尊重を考えるきっかけにしてもらおうと、現代アーティストで東京芸術大学美術学部長の日比野克彦氏が企画・監修した「第1回えどがわBOXART展~箱の中に自分を表現してみよう 箱の中にある他者の気持ちを受け入れてみよう~」が18日(木曜日)から、区総合文化センター(中央4丁目)で開催しています。

ともに生きるまちの実現を目指して、本年5月に国から「SDGs未来都市」に選定された江戸川区では、9月25日(土曜日)から11月20日(土曜日)までの期間をSDGs推進月間「SDGs Month in EDOGAWA」と位置づけ、区施設や駅周辺などのシティドレッシングや17のゴールに関連するイベントなど全37事業を集中的に展開して、SDGsを身近なものとして捉えられるよう様々な機会を創出。今回の取り組みもその一環として行われています。

ボックスアートとは、箱の中や箱自体に絵を描いたり、モノを配置したりすることで、一つのテーマを表現する美術作品。空間をデザインすることで、製作者の個性が発露されます。特別な材料を要せずに、誰でも簡単に取り組めるため、学校の授業などでも行われているところです。

今回の展覧会を企画・監修したのは、現代アーティストで東京芸術大学美術学部長の日比野克彦氏。昨年11月頃、同館の職員がSDGsの理念を体現できるような展示ができないかと、同氏を頼ったところ、今回の開催へと結びつきました。目指したのは、公募によるボックスアートの展覧会を通じて、SDGsの理念である「誰一人取り残さない」、特に多様性の尊重を考えるきっかけにしてもらうこと。具体的には、箱の中で表現する自分の世界を主題として、年齢や国籍を問わず広く作品を募集しました。さらに特徴的なのは、後日、来場者が気に入った作品を持ち帰れる点。そこには、“自分ってなんだろう”、“他者ってなんだろう”、“共に生きるってなんだろう”という3つの問いが込められています。自分の作品が誰かの手に渡ることを想像することによって、自分自身を顧みるとともに、他者へのまなざしを獲得してもらうことが期待されています。16日(火曜日)、展覧会の準備のため来館した日比野さんは、「例えば1000年後の誰かにあげることを想像してみてください。直接的なつながりのない相手を思いやることが、つくる側はもちろん受け取る側にも必要で、それがSDGsの理念につながる」と話しています。

18日(木曜日)、区総合文化センターロビーを会場にして展示しているのは、全83作品。毛糸をつめて猫をイメージしたものや鏡を貼って箱を見る人が映るようにしたものなど、段ボール、紙、木など材質や大きさも様々な箱に、思い思いに自分を表現した空間が広がります。同展覧会に来場した50代の女性は、自身の作品も展示しているといい、「自分のイメージしたものが相手に伝わるか楽しみです。また他の人の作品に触れて、見知らぬ誰かを思うことも魅力の一つと感じました」と話していました。

「第1回えどがわBOXART展」は来月19日(日曜日)まで開催。同月5日(日曜日)には、日比野氏によるワークショップや優秀作品の表彰式を実施。作品の受け渡しは、終了後の21日(火曜日)からを予定しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?