区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 4月 > 2021年(令和3年)4月5日 生理用品を無料配布 9日・10日

更新日:2021年4月5日

ここから本文です。

2021年(令和3年)4月5日 生理用品を無料配布 9日・10日

”生活に困窮した女性を緊急支援”

コロナ禍で生活が困窮し、生理用品を入手できない人を支援しようと、江戸川区は9日(金曜日)と10日(土曜日)の2日間、JR小岩駅前のコミュニティスペース「KITTO TERRACE(コイットテラス/南小岩7丁目/FIRSTA1階)」などで、生理用品の無料配布を実施します。会場では仕事や住居に関する相談窓口のパンフレットも配付し、生活に必要な支援につなげます。

生理にまつわるあらゆる不平等をなくすことを目的に活動する任意団体「#みんなの生理」が3月上旬に行ったオンライン調査では、金銭的な理由で生理用品の入手に苦労したことがある若者の割合が20.1%にのぼる実態が明らかになりました。今回、区は、生活が困窮し、生理用品を入手できない人を支援するため、「江戸川区リサイクル業者会(松島1丁目)」及び「江戸川区資源リサイクル協同組合(松島1丁目)」の寄附金と東京都からの寄附を活用して実施。合計880人分を確保して配布します。

シンボルマーク対象は原則、区内在住、在勤、在学の女性。会場では女性の職員が対応し、声に出すことなく区ホームページに掲載された「シンボルカード」を提示するだけで受け取りが可能です。また、仕事や住居に関する相談を受け付ける「くらしごと相談室」などのパンフレットも配付し、生活支援が必要な方に相談を呼びかけます。なお、区内7か所の「共育プラザ」でも9日(金曜日)から、2カ所の「フードバンク(フードネット江戸川、フードバンクジョイライフ)」では3日(土曜日)から利用者に先着順で配付しています。

区担当者は、「生理用品は食べ物などと比べて、当事者が声を上げづらいものだと思う。コロナ禍で経済的に困窮した人だけでなく、さまざまな事情で買えない人も救いたい。また、これを機に生活が苦しくて困っている人を、必要な支援につなげたい」と話しています。

なお、配布場所などは以下のとおり。

配布場所

コイットテラス

(南小岩7丁目24番20号)

タワーホール船堀

(船堀4丁目1番1号)

葛西区民館

(中葛西3丁目10番1号)

日時

9日(金曜日)

17時00分~20時00分

18時00分~20時30分

17時00分~20時00分

10日(土曜日)

13時30分~16時30分

13時30分~16時00分

13時30分~16時30分

配布数(各日)

112袋

110袋

110袋

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?