区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 4月 > 2021年(令和3年)4月1日 新型コロナウイルスワクチン 接種に向けたスケジュールを公表

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

2021年(令和3年)4月1日 新型コロナウイルスワクチン 接種に向けたスケジュールを公表

江戸川区は、65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種について、接種券を4月21日に発送するなどのスケジュールを決定。明日(1日)発行の区広報紙及びホームページで公表します。

本区は1月4日に山本敏彦(やまもととしひこ)副区長を本部長とする「江戸川区新型コロナウイルスワクチン接種推進本部」を発足。感染症対策を所管する健康部内に新型コロナウイルスワクチン接種担当課を設け、総勢18名の職員が準備作業に従事しています。

区民に身近な場所で安心して接種してもらえるよう、区内約230カ所の医療機関での個別接種、17カ所の区立施設などでの集団接種に加え、希望する高齢者施設に巡回して接種することとしています。さらに、区内で廃校となった校舎を活用して、英語、中国語、ベトナム語の3か国語にも対応したコールセンターを設け、区民からの接種に関する相談を受け付けています。

区内の接種対象者は、約60万4千人(医療従事者を除く)。そのうち、約15万人の高齢者を対象とした接種券を4月21日(水曜日)に発送。予診票や外国語(英語、中国語、韓国語、ベトナム語及びやさしい日本語)に対応した案内文を同封します。また集団接種は、5月15日(土曜日)から実施することとしており、事前にインターネット(同月1日(土曜日)から)又はコールセンター(同月6日(木曜日)から)での予約が必要となります。一方、個別接種は、会場ごとに受付の方法などが異なるため、接種券が手元に届いてから各医療機関に問い合わせるよう、広報紙などでお知らせします。巡回接種の開始日は、現在検討中です。

なお、4月12日の週に2箱(1箱:195バイアル・975回分の接種に相当)のワクチンが本区に供給されることになっており、当該供給分については、高齢者施設の入所者を対象に接種を進めることとしています。その後、6月末までには、全ての高齢者が2回接種できる数量のワクチンが確保できる見込みです。

区の担当者は、「個別・集団・巡回接種の三本柱を基本として、区医師会の協力を得ながら必要な人材を確保しつつ、区民の皆さんが安心して接種を受けられるよう万全な体制を構築していく」と話しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?