区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 3月 > 2021年(令和3年)3月19日 北小岩BOSAIプロジェクト

更新日:2021年3月19日

ここから本文です。

2021年(令和3年)3月19日 北小岩BOSAIプロジェクト

”地元住民の災害・防災に関する疑問を調査”

「区立北小岩小学校(北小岩2丁目)」6年生の児童が、1年を通して地域の災害や防災に関して学習する「北小岩BOSAIプロジェクト」。卒業式(24日)を控えた今日(19日)、最後のクラス報告会が行われ、児童が作成した防災に関する調査報告書を地域住民に届けました。

発表する様子このプロジェクトは、地域の一員として様々な災害に対応できる児童を育てるとともに、これまでお世話になった地域の方々に向けて、自分たちが学んだ災害や防災情報を広く発信して、地域に貢献することを目的に実施されました。

児童らは1学期から2学期、国内外の災害の歴史をはじめ、家庭における日頃からの備えなど、「江戸川区水害ハザードマップ」などを活用しながら学習しました。防災についての知識を深めるため、消防団員を招いて、活動内容や防災への取り組みに関する講義を受講。災害時には地域全体で協力することが大切であることを学びました。3学期は、児童の発案で、地域の方から防災に関する疑問を募集。住民から寄せられたアンケートでは、「区の水害のリスクについて」「日常的に家庭で準備しておくべき防災グッズ」「避難所にペットを連れていく際の注意点」など様々な疑問があがり、グループごとに調査を進めてきました。

本日(19日)同校では、プロジェクトに関わった消防団員が見守る中、各グループが地域住民の疑問について調査した内容を発表。「江戸川区の水害リスク」「避難所の備蓄」「ペットとの避難の注意点」などについて、児童がパワーポイントなどを使って説明しました。その後、児童らはアンケートに協力してもらった地域の方にチラシにまとめた調査報告書を配達。郵便ポストにチラシを投函していきました。

「江戸川区の水害リスク」等を調べた児童は、「地域の人が知りたい内容を伝えられよかった。もし災害が起きたら、今回学んだことを生かして、地域の一員として行動し、周りの人の助けになりたい」と話しました。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?