区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 3月 > 2021年(令和3年)3月18日 イトーヨーカ堂、セブン&アイ・クリエイトリンクと「地域活性化等に関する包括連携協定」締結

更新日:2021年3月18日

ここから本文です。

2021年(令和3年)3月18日 イトーヨーカ堂、セブン&アイ・クリエイトリンクと「地域活性化等に関する包括連携協定」締結

江戸川区は本日(18日)、株式会社イトーヨーカ堂(本社:千代田区/代表取締役社長:三枝富博)と株式会社セブン&アイ・クリエイトリンク(本社:千代田区/代表取締役社長:泉井清志)の3者で、「イトーヨーカドーアリオ葛西」「イトーヨーカドー小岩店」を起点として、多様な分野で包括的な連携と協力関係を築き、江戸川区の将来にわたる活力ある地域社会の形成・発展及び市民サービス向上に資するため、「地域活性化等に関する包括連携協定」を締結しました。

本日(18日)、江戸川区役所(中央1丁目)区長応接室に、株式会社イトーヨーカ堂販売事業部東海京浜ゾーンゾーンマネジャー早田義浩氏(はやたよしひろ)、株式会社セブン&アイ・クリエイトリンクCSR部総括マネジャー石井徹氏(いしいとおる)が来庁。3者は署名された協定書を取り交わしました。

3者はこれまでも、災害時における応急物資の優先供給や大規模水害時の一時的な緊急避難先としての施設利用の協定、選挙時の期日前投票所の設置、従業員の認知症サポーター養成講座受講など、地域の実情に合わせた幅広い分野で連携してきました。コロナ下においても、区内農家が生産し、販路を失った学校給食用小松菜の販売、テレワークなどで在宅時間が増えた区民の食生活を改善してもらうための減塩特設コーナーの設置など、時勢に即応したサービスを展開しています。

今回の協定では、1健康づくりの推進、2子育て支援の推進、3福祉の推進、4教育の推進、5文化・スポーツの振興、6安全で安心なまちづくりの推進、7災害対策、8環境保全の推進、9地域産業の振興、10地域の活性化・区民サービスの向上を連携事項として掲げています。協定締結後、イトーヨーカ堂としては23区初となる移動スーパー事業を開始。イトーヨーカドーアリオ葛西店を拠点として、軽車両による70歳以上の買い物困難者への支援と見守り活動を進めていきます。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?