区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 3月 > 2021年(令和3年)3月18日 「SDGs推進部」新年度新設へ

更新日:2021年3月18日

ここから本文です。

2021年(令和3年)3月18日 「SDGs推進部」新年度設置へ

江戸川区は令和3年度、国連が掲げる国際的な目標SDGsの目標達成及び共生社会の実現に向けた取組を推進し、効果的な広報を実施していくため、「SDGs推進部」を新設します。同部内には、「SDGs推進課」、「共生社会推進課」、「広報課」が設置されます。

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択された2030年を時限とする17の目標。地球上の誰一人取り残さない社会の実現を目指し、経済・社会・環境の諸課題を統合的に解決しようとするものです。誰もが安心して暮らせる共生社会の実現を目指す本区は、区の全ての事業をSDGsのゴールと関連付けて施策を展開しています。

来年度は、担当部を設置するとともに、全庁組織を横断する体制「江戸川区SDGs推進本部(本部長:斉藤猛区長)」を設置し、SDGsを推進していきます。また、内閣府が選定する「SDGs未来都市」への応募や「(仮称)江戸川区共生社会=SDGsビジョン」を策定する予定です。

区が昨年6月、区公式ツイッターでSDGsの認知度調査をしたところ、「知らないし、聞いたこともない」の回答が6割、「知っているが、あまり関心がない」を含めると7割を超えました。区は普及・啓発に力をいれ、区民や事業者にSDGsへの理解促進を図り、行動に移してもらうための101事業を実施し、共生社会の実現につなげていきます。

このほか、区内産業のさらなる活性化を図り、区内経済の発展を後押しするため、「産業経済部」を新設し、同部内に産業経済課を設置します。また、デジタル技術の活用により、区民サービスの質や利便性の向上を効果的に推進していくため、経営企画部の情報政策課を「DX推進課」に改編します。さらに、地球温暖化をはじめとする気候変動適応の取り組みを本格化させるため、組織横断的な推進体制「気候変動適応センター(気候変動適応本部)」を設置。環境部に、その事務局を担う「気候変動適応課」を新設します。区は時勢に対応した組織改正を行うことで、課題解決と安定的な区民サービスの提供に努めていきます。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?