区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 3月 > 2021年(令和3年)3月1日 江戸川区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンターが本日(1日)開設

更新日:2021年3月1日

ここから本文です。

2021年(令和3年)3月1日 江戸川区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンターが本日(1日)開設

“正しい情報に基づいて安心して接種できるように”

江戸川区は本日(1日)、区内で廃校となった校舎を活用して、新型コロナウイルスワクチン接種コールセンターを開設。区民からの接種に関する相談を受け付けています。

本区は1月4日に山本敏彦副区長を本部長とする「江戸川区新型コロナウイルスワクチン接種推進本部」(構成員数17名)を発足。感染症対策を所管する健康部内に新型コロナウイルスワクチン接種担当課を設け、総勢18名の職員が準備作業に従事しています。また、区民に身近な場所で安心して接種してもらえるよう、区内約200カ所の医療機関での個別接種、17カ所程度の区立施設などでの集団接種に加え、希望する高齢者施設に巡回して接種することとしています。

「江戸川区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター」では、一般的な接種の流れや注意点、対象者の優先順位などの問い合わせに対して、専門のオペレーターが電話で回答します。英語、中国語、ベトナム語の3か国語に対応。また、接種券の発送後、インターネットとは別に集団接種会場における接種の予約にも応じていきます。なお、その開設にあたっては、区内で廃校となった校舎を活用。コールセンターに加えて、接種情報の管理や接種券の発送など、一連の業務を民間事業者に委託して必要な人員を確保した上で、本部機能の一部を担うこととしています。

本日(1日)午前9時から開設となった同コールセンターには、約30名のオペレーターが待機。会場の一室となる旧音楽室では、12名のオペレーターが2班に分かれて、区民からの相談に応じていました。なお、今後の進捗状況に応じて増員を図る予定です。午後3時現在、いつ接種が始まるか、どこで接種ができるかなど、外国語対応を合わせて43件の問い合わせが寄せられています。区は、本日発行の広報誌やホームページで同コールセンターの開設を案内しています。

区の担当者は、「様々な情報が行き交う中で、接種の予約を口実にした詐欺への注意も呼びかけられており、正しい情報に基づいて安心して区民が接種に臨めるよう体制に万全を期したい」と話しています。

江戸川区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話:03-6633-3380(9時から18時) 土曜日・日曜日・祝日を含む

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?