区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2021年(令和3年) > 1月 > 2021年(令和3年)1月8日 緊急事態宣言を受けた区の対応について

更新日:2021年1月8日

ここから本文です。

2021年(令和3年)1月8日 緊急事態宣言を受けた区の対応について

1都3県を対象にした「緊急事態宣言」の再発令を受け、江戸川区は都における緊急事態措置の要請等に基づき、感染症のさらなる感染拡大防止を図るため、「第15回新型コロナウイルス感染症対策本部会議(本部長:斉藤猛区長)」で決定した対応を実施します。

江戸川区の緊急事態宣言期間中(2月7日まで)の主な対応

1.感染拡大防止の広報活動

  • 防災行政無線で毎日午後6時、多言語(日本語・英語・中国語・韓国語)による、不要不急の外出自粛などを呼び掛け。
    (注)本日(8日)は、斉藤猛江戸川区長によるメッセージを放送。
  • 清掃車両等を活用した広報車での啓発(土木部2台・清掃車37台・生活振興部8台)。
  • 広報えどがわ(1月15日号)1面及び、区ホームページに掲載して防止啓発。
  • 広報掲示板500カ所、町会掲示板3,400カ所にポスター掲出(継続)。

2.主な区立施設の開館時間

  • タワーホール船堀、総合文化センター、篠崎文化プラザは、午後8時以降の利用自粛を協力依頼、新規予約は中止。
  • 中央図書館など10館は、閲覧などの利用制限を継続したうえで、閉館時間を午後8時に繰り上げ。
  • 総合体育館、スポーツセンターは個人利用(一般公開・一般開放)の中止を継続した上で、新規の貸切利用(団体利用)の予約中止。
  • 自然動物園、ポニーランド(篠崎・なぎさ)は2月8日(月曜日)まで休園を継続。

3.学校(すくすくスクール)・保育園・福祉施設等の運営

  • 感染防止対策の徹底をしながら運営継続。登園自粛等は求めない。
  • 学校の部活動や合唱等は、東京都の対応に準じて行わない。

4.その他

  • 業務内容を考慮した時差出勤、振替出勤、テレワークにより区職員の出勤数を減少。
  • 郵送申請が可能なものなど、来庁不要の手続きをホームページで再度周知。

5.参考リンク先(区ホームページ)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?