区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2020年(令和2年) > 12月 > 2020年(令和2年)12月28日 区共育プラザの高校生が演奏などの様子を動画で公開

更新日:2020年12月28日

ここから本文です。

2020年(令和2年)12月28日 区共育プラザの高校生が音楽演奏などの様子を動画で公開

新型コロナウイルス感染症の感染拡大によってイベントの中止が相次ぎ、日頃の活動成果を発表する場を失った高校生。「江戸川区共育プラザ」で活動する14グループ56名の高校生が、バンド演奏などを撮影した動画を、動画共有サービスYouTube(ユーチューブ)の「共プラチャンネル」で、25日(金曜日)から公開しています。

区内に7館あり、中高生の課外活動を支援する共育プラザは、今年3月から約3か月間、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって休館となりました。年に一度、中高生が一堂に集まり、バンドやダンスなどを披露する催し「10代の挑戦EDOGAWA」や、屋外の特設ステージで歌や踊りを発表する「えどがわ区民まつり」も相次ぎ中止。日頃の活動の成果を披露する場が奪われました。

こうした中、区共育プラザ「10代の挑戦EDOGAWA実行委員会」は、コロナ禍の中でも高校生が元気に活動している姿を発信しようと、ステージ上でバンド演奏などの様子を撮影して、オンラインで公開することを企画。撮影は、今年「区民まつり」が開催予定だった日程を含む10月9日(金曜日)から11日(日曜日)までの3日間、「共育プラザ葛西(宇喜田町)」で行われました。ステージセットは各館の職員が設置、照明や撮影機材は区広報課やプロの制作会社がセッティングした本格的な仕様です。撮影会場が密にならないように、各グループは集合時間をずらして、順番に収録。演奏の様子を“自撮り”したグループもおり、感染防止策には万全を期しました。

公開された4本の動画は、課題曲としてMONGOL800の「小さな恋のうた」を各グループが演奏した様子をつなぎ合わせたコラボ動画のほか、それぞれのグループが自由に選び、これまで練習を重ねてきた曲を収録日(「DAY1 2020年10月9日」、「DAY2 2020年10月10日」、「DAY3 2020年10月11日」)ごとに公開。いずれの動画も高校生がのびのびと表情豊かに演奏している姿が特徴的です。撮影に参加した高校生からは「コロナでライブが出来なかったけど演奏ができて嬉しかった」、「次こそはお客さんの前でライブしたい!」などの感想が寄せられています。

リンク先(区ホームページ)

第14回10代の挑戦EDOGAWA

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?