区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2020年(令和2年) > 12月 > 2020年(令和2年)12月10日 区内園芸農家で「シクラメン」の生産が最盛期

更新日:2020年12月10日

ここから本文です。

2020年(令和2年)12月10日 区内園芸農家で「シクラメン」の生産が最盛期

“年の瀬を彩る冬の鉢植えの代表格”

区内で花卉園芸を営む真利子農園(代表:真利子典広/鹿骨6丁目)では、冬の鉢植えを代表する「シクラメン」の生産が最盛期を迎えています。

シクラメンは、地中海原産でサクラソウ科の植物。草丈約15センチから25センチまで成長する多年草で、花びらが上にそり返った姿が篝火(かがりび)に見えることから、「カガリビバナ(篝火花)」とも呼ばれます。秋から春頃までと比較的長く楽しめて、赤、ピンク、紫、白など色彩が豊富な点が特徴です。区内では、昭和50年頃まで10軒程度の園芸農家がシクラメンを栽培していたものの、手間がかかることなどから、現在では同園のみが生産を続けています。

同園でのシクラメンの栽培は、先代の武久(享年81歳)さんが当時ヒットした『シクラメンのかほり』をきっかけに本格的に取り組みはじめ、息子の典広さんが受け継いでいます。自家採取した種を前年の11月頃に蒔き、球根の成長に合わせて鉢の植替えを繰り返しながら、約一年をかけて育てます。暑さに弱く20℃以上の気温が続くと成長を止めてしまう性質があるため、夏場をいかに乗り切るかが鍵となっています。10年ほど前までは3か月ほど群馬県内に場所を移して栽培していましたが、現在はビニールハウス内で遮光ネットや大型扇風機を併用しながら温度自動調節機器で空調を管理して、日差しや湿気による傷みなどから保護しています。今期は白と紫、白と赤など2色のグラデーションが鮮やかな「プルマージュ」など約30種・2,000鉢を用意しています。

本日(10日)、同園では店頭に出すのに備えて、花を中心に集めるため葉を整える「葉組み」などが行われていました。今年は秋の長雨が少なく生育状態は良好とのことで、これから年末にかけて本格的に花が色づき始めます。同園のシクラメンは、主に直売用として栽培。園に隣接する直売所「フラワーガーデンマリコ」で5号鉢・800円(税別)から購入することができます。また年始の縁起物とされる葉牡丹も100円(税別)から販売中。シクラメンと一緒に寄せ植えをすると、モノトーン色の冬の季節を華やかに彩ります。

真利子さんは「シクラメンの栽培は先代のライフワークだった。昨年亡くなる前に植えた種がこうして花をつけたように、自分も先代の意思を受け継いで、一人でも多くのお客さんに喜んでもらいたい」と話しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?