区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2020年(令和2年) > 12月 > 2020年(令和2年)12月9日 ARUHI presents 「本当に住みやすい街大賞2021」「小岩」が7位にランクイン

更新日:2020年12月9日

ここから本文です。

2020年(令和2年)12月9日 ARUHI presents 「本当に住みやすい街大賞2021」「小岩」が7位にランクイン

アルヒ株式会社(本社:港区、代表取締役会長兼社長CEO兼COO:浜田 宏、以下:ARUHI)は本日(9日)、国内最大手の住宅ローン専門金融機関である同社のデータをもとに住宅専門家が厳選した1都3県の本当に住みやすい街TOP10を発表するイベント「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021」を開催。「江戸川区小岩」が、前回から順位を上げて7位にランクインしたことを発表しました。

本当に住みやすい街大賞 2021とは、ARUHIが1都3県で同社の住宅ローンを利用する顧客の融資実行件数(2019年8月~2020年7月)を町名単位で集計したデータをもとに、住宅や不動産の専門家による選定委員会(委員長:櫻井幸雄)が、「住環境・交通利便性・教育文化環境・コストパフォーマンス・発展性」の5つの基準で審査し、本当に住みやすい街を選定。同賞の1位は「川口」、2位は「大泉学園」、3位は「辻堂」が並びました。

「小岩」は、前回の8位から順位を上げて7位にランクイン。総合評価点は、5点満点中3.72点でした。特に評価されたポイントは、以下のとおりです。

5つの基準「発展性」・「住環境」・「交通の利便性」・「コストパフォーマンス」・「教育・文化環境」

  • 発展性 4.00点
    100年栄える街づくりを目指し、南口の大規模再開発が進行中、地上33階建の商業施設・オフィス含む複合施設が完成予定。2025年には北口に駅前広場の整備、保育施設やショッピング施設、高層部に住宅が入る建物コミュニティ施設の併設など、今後更なる住みやすい街づくりが計画されている。
  • 住環境 3.90点
    駅前にはイトーヨーカドーなどの大手スーパーもありながら、「フラワーロード」や「サンロード」などといった昔ながらの商店街が並び賑わいを見せる。少し足をのばせば江戸川に出ることができ、野球場などのグランドが広がっている河川敷では都会ながら解放感を感じることができる。
  • 交通の利便性 3.90点
    直通で東京駅まで20分・新宿駅まで30分でアクセスができるため、通勤に便利

江戸川区都市戦略課松岡永祐課長は、「このたび、本当に住みやすい街大賞第7位となったことは、区民の皆様のまちへの誇りにつながるものだと思います。地域の皆様とともに、誰もが魅力を感じることができるまちとして、さまざまな発信に取り組んでまいりたいと思います」とコメントしました。

参考リンク先

https://www.aruhi-corp.co.jp/cp/town_ranking/kanto/(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?