区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2020年(令和2年) > 11月 > 2020年(令和2年)11月5日 「ぶらり湯らりスタンプらり~2020」開催中

更新日:2020年11月5日

ここから本文です。

2020年(令和2年)11月5日 「ぶらり湯らりスタンプらり~2020」開催中

”今年で10回目! 銭湯をめぐって「お湯の富士」オリジナルグッズをゲット!”

冬の訪れを告げる「木枯らし1号」が吹いた東京。「東京都公衆浴場業生活衛生同業組合江戸川支部(支部長:中山光雄(なかやまみつお)/鶴の湯(北小岩7))」では、区内の銭湯を巡ってスタンプを集めると、同支部のマスコットキャラクター「お湯の富士」のオリジナルグッズがもらえる「ぶらり湯らりスタンプらり~2020」を1日(日曜日)から開催しています。

東京都公衆浴場業生活衛生同業組合江戸川支部は、区内の公衆浴場の利用促進や公衆衛生向上・増進活動等に取り組む業界団体です。近年は銭湯にあまり馴染みのない子どもたちや子育て世代、外国人などにも広くPRを行おうと、マスコットキャラクター「お湯の富士」を活用した情報発信にも力を入れています。

緊急事態宣言中、区内の公衆浴場では来店客の減少や感染拡大防止のため時短営業や休止していた店舗もありました。こうした中、感染症対策として、施設の換気や受付での手指消毒液の設置をするとともに、同支部では「お湯の富士」を活用した感染対策を呼び掛けるポスターを作成し全施設で掲示。大声での会話の自粛やグループでの来店を遠慮してもらうなど、安心して銭湯に来てもらえるように対策を講じてきました。

スタンプを集めてもらえるグッズ「ぶらり湯らりスタンプらり~」は、銭湯の活性化を目的として2011年に開始した事業。区内に32軒ある公衆浴場を利用するとスタンプがもらえます。集めたスタンプ数に応じて、「お湯の富士」グッズがもらえます。昨年は区内外の参加者・延べ3,829名が景品をゲットしました。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して、スタンプラリーの景品進呈の条件を変更。例年は期間中20軒の異なる銭湯のスタンプが必要だったところ、10軒ごとに異なる銭湯のスタンプを20個集めれば完全制覇としました。10回目となる今回は、お湯の富士の「オリジナルタオル(5スタンプ)」や「がま口小銭入れ(10スタンプ)」のほか、20スタンプを集めると「オリジナルバスタオル」と「限定ピンバッジ」をプレゼント。ピンバッジは、2016年からスタンプらり~を完全制覇した方に毎年進呈しているもので、今回のピンバッジを組み合わせて数量限定販売のピンバッジフレーム(1,000円(税込))に入れると、お湯の富士が乗ったカヌーのデザインが完成します。

同支部江戸川浴場組合の鴫原和行(しぎはらかずゆき/64歳/第二寿湯(江戸川1丁目))組合長は、「今年は感染症の影響により開催が危ぶまれる中、多くの方からの開催を望む声をいただき実施することができました。比較的空いている開店2時間後からの来店がおすすめ。各銭湯では感染症対策のガイドラインを用いて万全の対策をしておりますので、安心してお越しください」と話しています。

「ぶらり湯らりスタンプらり~2020」は、令和2年11月1日(日曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで。スタンプ台紙が付いたリーフレットは、区内32浴場を始め区内の各施設等での配付に加え、区ホームページからダウンロードすることができます。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?