区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2020年(令和2年) > 10月 > 2020年(令和2年)10月6日 乃木坂46山崎怜奈さんら参加「えどがわ未来カンファレンス」12日初開催

更新日:2020年10月6日

ここから本文です。

2020年(令和2年)10月6日 乃木坂46山崎怜奈さんら参加「えどがわ未来カンファレンス」12日初開催

誰もが安心して自分らしく暮らせる共生社会の実現を目指す江戸川区。様々な分野の有識者が集まり、共生社会のあり方などを議論する会議体「えどがわ未来カンファレンス(座長:斉藤猛江戸川区長)」が発足し、12日(月曜日)、江戸川区内において初会合が開催されます。

委員には、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバーで江戸川区出身の山崎怜奈さんをはじめ、創業360年の宗家花火鍵屋15代目当主で国際柔道連盟審判員の天野安喜子さんら学識経験者、外国人など幅広いジャンルから18名が選任されました。専門的見地から頂いた意見を、今後の区の構想策定などに活かしていきます。

江戸川区は今年度中に、共生社会の理念を表す「(仮称)江戸川区共生社会推進条例」を制定予定。具現化するための長期的な構想「(仮称)江戸川区共生社会ビジョン」を令和3年度末までに策定する予定です。区は現在、国連が掲げる持続可能な開発目標「SDGs」の達成への取り組みを推進。SDGsの「誰一人として取り残さない」という理念は、区が目指す「誰もが安心して自分らしく暮らせる共生社会の実現」と目標を同じくするもので、共生社会とSDGsを実現する中期的な具体施策についても、令和3年度末までにまとめる予定です。こうした中、専門的見地や区民の立場から、共生社会の実現に向けた議論を交わし助言を頂く会議体として、今般の「えどがわ未来カンファレンス」が設置されました。

「えどがわ未来カンファレンス」委員

  • 斉藤 猛氏(江戸川区長)
  • 天野 安喜子氏(宗家花火鍵屋15代目)
  • おおたわ 史絵氏(総合内科専門医)
  • 片田 敏孝氏(東京大学大学院情報学環 特任教授)
  • 金森 孝裕氏(国連の友 Asia-Pacific代表理事)
  • 壁谷 知茂氏(車いすラグビー選手)
  • 菊地 端夫氏(明治大学経営学部公共経営学科教授)
  • 久下 真以子氏(フリーアナウンサー)
  • グリズデイル・バリージョシュア氏(アゼリー江戸川チーフマネージャー)
  • 白土 謙二氏(クリエイティブ・ディレクター)
  • 関 龍彦氏(講談社FRaU編集長 兼 プロデューサー)
  • 竹宇治 聰子氏(ローマ五輪女子100メートル背泳ぎ銅メダリスト)
  • 林 千晶氏(株式会社ロフトワーク 代表取締役)
  • ハンス・デ・モス氏(オランダ語教師・翻訳者)
  • 松本 真由美氏(東京大学 教養学部環境エネルギー科学特別部門 客員准教授)
  • 村上 範義氏(株式会社 W TOKYO 代表取締役社長)
  • 山崎 怜奈氏(乃木坂46)
  • 山本 華菜子氏(上智大学オリパラ学生プロジェクトGo Beyond代表)
  • ライラ・カセム氏(デザイナー・アートディレクター)

会議は、令和2年10月12日から令和4年3月末までに全8回を予定。初会合となる当日(12日)は、共生社会が実現された江戸川区の未来について話し合います。

問合せ先:江戸川区広報課報道係 電話:03-5662-0402

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?