区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2020年(令和2年) > 10月 > 2020年(令和2年)10月1日 里親月間に合わせ「里親制度パネル展示」今日から開催

更新日:2020年10月1日

ここから本文です。

2020年(令和2年)10月1日 里親月間に合わせ「里親制度パネル展示」今日から開催

10月の「里親月間」に合わせ、「区児童相談所(愛称:はあとポート)」では、社会的養護が必要な子どもを家庭に受け入れ養育する里親の拡大に向け、里親の現状や制度を紹介するパネル展を、区グリーンパレス(松島1丁目)で今日(1日)から開催しています。10月30日(金曜日)まで、毎日9時から21時。入場無料。また、里親の制度普及や里親を支援するチーム「里親ステーション ふぉれすと」が同児童相談所内に設置され、体制強化を図っています。

「里親」は、様々な事情により家庭での養育が困難となった児童を温かい愛情と正しい理解を持った家庭環境のもとで養育する制度。2018年の児童福祉法の改正では、家庭養育優先の原則が規定され、子どもにとって最善の利益を実現していくことが求められています。

社会的養護を必要とする児童のうち、ファミリーホームを含む里親等に委託された割合を示す「里親等委託率」は全国で20.5%(平成31年3月末)、東京都では14.3%(平成31年3月末)に留まっています。区内で社会的養護が必要な子どもは約350人。このうち、里親家庭で暮らす子どもは1割強で、ほとんどが児童養護施設や乳児院などの施設で生活しています。区児童相談所は9月1日(火曜日)、2組の夫婦を区として初めて里親に認定しました。現在、区内の里親は26組で、今後5年間で小学校の学区域に1家庭(70家庭)を目標に増やしていく予定です。

区グリーンパレス(松島1丁目)1階ロビーでは、今日(1日)から「里親制度紹介パネル展」が開催されています。社会的養護が必要な子どもの現状をはじめ、里親の種類、里親登録の条件、登録からこどもの受託までの流れなど里親制度の仕組みをパネルやリーフレット、クイズなどで分かりやすく紹介しています。会場では、期間中の5日(月曜日)から9日(金曜日)10時から16時まで、個別相談も受け付けています(予約不要、直接会場へ)。また、本日(1日)から同児童相談所に、里親制度の普及や里親の活動を支援するチーム「里親ステーション ふぉれすと」が設置されており、里親に対するさらなるきめ細やかな支援を行っていきます。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページはSDGs推進部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?