区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2020年(令和2年) > 9月 > 2020年(令和2年)9月15日 区児童相談所 児童に関する文書所在不明の事案について

更新日:2020年9月15日

ここから本文です。

2020年(令和2年)9月15日 区児童相談所 児童に関する文書所在不明の事案について

江戸川区児童相談所において、児童に関する文書が所在不明になっていることが判明しました。当該文書は、相談記録などをまとめて綴った「児童記録票綴」。業務上、外部へ持ち出すものではないことから、盗難と誤廃棄の両面から調査をしています。区児童相談所では、当該の保護者に対して説明と謝罪をした上で、今後の再発防止に努めます。

1.所在不明の文書

相談対応記録や関連した書類を一括してファイルに収録した「児童記録票綴」1人分

2.これまでの経過

6月27日(土曜日) 担当係長が自宅訪問の前に、当該記録票を確認

6月29日(月曜日) 当該児童の自宅を訪問

7月10日(金曜日) 担当職員が記録票の内容について確認しようとしたところ、保管しているキャビネットの中に無いことが判明。担当課長に報告

7月13日(月曜日)~ 職員が一斉に、保管されている全キャビネットを確認

7月20日(月曜日)~ 各職員が執務室内の関係書類を確認

7月22日(水曜日) 終業後、職員が再度執務室内の全キャビネットを確認

7月25日(土曜日) キャビネットに加え、ロッカーや書庫に範囲を広げて捜索

7月27日(月曜日) 全職員の机やロッカーを係長立ち合いにより確認

8月13日(木曜日) 管轄警察署に相談

3.児童相談所の対応

児童の保護者に経過説明と謝罪を行うとともに、今後の再発防止を徹底する

4.区児童相談所上川光治所長のコメント

「個人情報が含まれた文書に関わる事案であり、児童の保護者に説明と謝罪をして、今後の文書の管理方法等を見直し、再発防止の徹底を図ってまいります」

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?