区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2020年(令和2年) > 6月 > 2020年(令和2年)6月24日 「区特産アサガオ」出荷準備大詰め

更新日:2020年6月24日

ここから本文です。

2020年(令和2年)6月24日 「区特産アサガオ」出荷準備大詰め

“朝顔まつりが中止となる中、直販やネット通販に活路”

「入谷朝顔まつり(朝顔市)」などが中止になる中、限られた販路を活用しようと直販やネット通販を対象として、区内の園芸農家では、区特産のアサガオの出荷に向けた準備作業が大詰めを迎えています。

写真:出荷を待つ「区特産アサガオ」江戸時代末期頃から続く園芸農家「有限会社江戸川園(鹿骨4丁目)」では、寒い時期の2月からアサガオの土づくりをはじめます。5代目となる半谷善之(はんやよしゆき/入谷朝顔組合長)さんが4月に種をまき、ひと月ほど苗床で育てます。その後、4色の苗を組み合わせ一つの鉢に植え替えを行い、温度管理に気を配りながら成長を待ちます。暑い日には一日で5センチ以上つるが伸びるため、出荷直前の一か月間は早朝の朝5時から午後7時頃まで、半谷さん一人で作業をこなし、丹精込めて育てています。

毎年7月6日から8日の開催が恒例となっている「入谷朝顔まつり(朝顔市)」。周辺の植木屋の廃業により、同まつりは一度姿を消してしまいましたが、1948年、地元住民らが復活させようと、切り花の生産が盛んな江戸川区の園芸農家に生産を依頼。まつりに並ぶ約10万鉢のアサガオの約6割は江戸川区産のアサガオです。

今回、新型コロナウイルス感染症の影響により、「入谷朝顔まつり(朝顔市)」や区内で行われる「小岩あさがお市」が中止に。入谷朝顔組合長でもある半谷さんによると、単価も一定で安定した売り上げを望めるまつりへの出荷がなくなることによって、園芸農家に与える影響は大きく、中には一部生産を見合わせた農家もあるとのこと。同園でも例年「二ホンアサガオ」や「ヨウジロ」、「ユウガオ」など12種・1,000鉢ほど生産していましたが、今年は800鉢になる見通しです。それでも中止を知ったお得意さんからお中元用などで注文が入るなど、同園での影響は限定的なものに止まります。

江戸川園では本日(24日)、半谷さんが出荷準備のため、蕾に栄養が行き届くよう花を摘む「花摘み」や、伸びたつるを行灯(あんどん/つるを絡ませるための円柱形の骨組み)に巻き付ける「つる巻」など機械ではできない細かな作業を行っていました。4色一鉢2,000円(税込・送料別)から販売。色の指定はできませんが、どんな花が咲くのかと成長を観るのも楽しみの一つです。半谷さんは「今年は暑い日が多かったので、花つきの良いアサガオが育ちました。出来は並み以上です。自宅にいる時間が多い時だからこそ、アサガオの花を咲かせてみませんか」と話していました。

注文を希望される方は、7月10日までに電話(03-3679-4153)又はFAX(03-5879-8495)で同園にご連絡ください。またこの他、「入谷朝顔まつり(朝顔市)」ホームページでも受付けています(7月4日正午までにご入金された方に限ります)。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?