区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2020年(令和2年) > 3月 > 2020年(令和2年)3月25日 「エドレンジャー体操 PV」をYouTubeで配信中

更新日:2020年3月25日

ここから本文です。

2020年(令和2年)3月25日 「エドレンジャー体操 PV」をYouTubeで配信中

“青果店の店主や保育園児も出演!動画みて、商店街に来て”

楽しく愉快に江戸川区の商店街の魅力を発信している、江戸川区商店街連合会(会長:松本勝義)のご当地ヒーロー「エドレンジャー」。同連合会では、子どもでも気軽に踊れる体操を通じて、商店街を身近に感じてもらおうと、商店街の店主や園児ら総勢約100名が出演する「エドレンジャー体操~商店街のミ・カ・タ」のプロモーションビデオを制作し、今月17日から動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で配信しています。

「エドレンジャー体操~商店街のミ・カ・タ」(作詞・作曲:高橋晃平、振り付け:ラッキィ池田)とは、子育て世帯に向けて区商店街をPRするため、和楽器の軽快な音色にのせて「エドレンジャー」らが踊るオリジナル体操。同連合会が平成30年10月に制作し、練習動画をYouTubeで配信しているほか、商店街や地域イベントのアクションショーの中で、子どもたちを中心に観客と一緒に踊っています。

今回、同連合会では、商店街で働く人たちの人柄や商店街の様子などを紹介し、より「親しみやすい商店街」と感じてもらおうと、「エドレンジャー体操 プロモーションビデオ」の制作を企画。3分間のPV動画では、エドレンジャーをはじめ、「中村屋青果店(下篠崎町11)」の店主や、おしゃれ床屋「たんちょう(西葛西3丁目)」の店主と息子、自作のエドレンジャーの衣装を着て踊る「松島おひさま保育園(松島2丁目)」の園児など、総勢約100名が出演しています。区内商店街や公園などを背景に、エドレンジャーと同体操を愉快に踊る様子が収められており、商店街で働く人たちの暖かい人柄を感じられるとともに、園児を通じて、子育て世帯に商店街にも興味を持ってもらえるよう工夫されています。

なお、制作にあたっては区内にある「東京映画・俳優&放送芸術専門学校(西葛西3丁目)」の卒業生や、同学校の在校生らが所属するヒーローアクションサークル「H.A.T(はっと)」などが協力。昨年の11月から撮影を開始し、今年の1月末に完成しました。当初は、3月に開催される地域イベントで動画公開を発表する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため各イベントが中止に。そんな中、活気ある商店街の様子をより多くの人に見てもらい、足を運んでもらおうと、17日(火曜日)からYouTubeで配信を開始しました。

江戸川区商店街連合会の松本勝義(まつもとかつよし)会長は「初めて訪れる人にも気軽に利用してもらえる“親しみやすい商店街”を目指しています。今回のような明るい取り組みで少しでも商店街に来てくれればうれしい」と話しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?