区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2020年(令和2年) > 3月 > 2020年(令和2年)3月12日 休校中の小学生向けに体操動画を制作YouTubeで公開

更新日:2020年3月12日

ここから本文です。

2020年(令和2年)3月12日 休校中の小学生向けに体操動画を制作YouTubeで公開

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、区立の小中学校(園)が休校となる中、家に閉じこもりがちな小学生の運動不足を解消しようと、区教育委員会は自宅で簡単にできるストレッチなどを紹介する動画番組を制作し、動画投稿サイト「YouTube」の区公式チャンネル「えどがわ区民ニュース」で、本日(12日)から公開されています。

江戸川区では新型肺炎の感染拡大防止に向け、3月2日(月曜日)から区立小中学校(園)を休校しています。不要不急の外出を控えるなどの拡大防止策は、子どもたちの感染リスクを軽減する一方で、長期化すると体力低下などの健康面への影響が心配されます。

こうした中、区教育委員会では拡大防止策による影響に備え、誰でも簡単にできるストレッチの方法を紹介した小学生向けの動画番組を制作しました。番組名は「ひねレッチ&ペアレッチ」で、1人または2人で行える2種類の動画です。屈伸や前屈などで足や腰などを無理なく伸ばせるメニューが13種類から15種類用意され、全体で1番組約4分30秒にまとめられています。2人で行うストレッチでは、両手を取り合って体の側面を伸ばすなど、兄弟や親子でも楽しみながら身体を動かすことができ、自宅学習中の気分転換にも最適なメニューとなっています。

番組には、区立下鎌田西小学校(瑞江4丁目)の小野塚良朋校長のほか教員3名が出演。両メニューを考案した同校の小林早樹教諭は、「捻る、伸ばすなどの動作は低学年でも簡単にできます。自宅の限られたスペースで静かにできるストレッチなので、家族で楽しんで欲しい」と話しています。また、区教育委員会近津勉指導室長は、「動画を活用して運動を取り入れるなど、子どもたちには規則正しい生活を心がけ、休校の間も有意義に過ごしてもらいたい」と話しました。今後、中学生向けにも動画を制作する予定で、大人も楽しめる内容を企画しています。

リンク先

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?