区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2019年(令和元年) > 12月 > 2019年12月3日 お歳暮や年賀向けの「手ぬぐい」出荷最盛期

更新日:2019年12月3日

ここから本文です。

2019年(令和元年)12月3日 お歳暮や年賀向けの「手ぬぐい」出荷最盛期

“寒空にはためくえどがわの風物詩”

染色加工を営む村井染工場(取締役社長・三代目:村井光寿(むらいみつとし)/一之江6丁目)では、年末年始に向けて、お歳暮や新年の贈答用などに使われる「手ぬぐい」の出荷が始まっており、染色作業などが最盛期を迎えています。

中小河川が多く流れる江戸川区では、その豊富な用水を利用して浴衣などの染色業が発展。最盛期となった昭和30年代には、同工場の周辺に約30軒の染色業者がありました。しかし、生活様式の変化や機械化などによって需要が減り、業者は年々減少の一途に辿ることに。「注染(ちゅうせん)」という伝統的な工法を用いて「東京本染」の浴衣や手ぬぐいを手掛ける染色工場は、現在都内に4軒、区内には2軒を残すのみとなりました。同工場でも浴衣から手ぬぐいの制作に比重を移し、伝統技術を今に残しています。

製作工程は、初めに長尺の白布に型紙を乗せてから防染糊をヘラで糊付けをします。生地を屏風状に折り返し、糊付けを約20枚から40枚分繰り返します。折り返した生地の上から調合した染料を注いで染色。防染糊や不要な染料を水洗いすることで、糊のついていないところが染めあがります。その後、高さ約15メートルある干し場「やぐら」で自然乾燥させ、乾いた布地のしわ取りをすると完成。12の工程からなる作業のほとんどが現在も手作業であり、複雑な柄によってはこの工程を何度も繰り返します。

同工場で手ぬぐいを作っているのは光寿社長を始め、二代目の村井米扶(むらいよねすけ/同社取締役会長)さんら14名。米扶さんは12歳の頃から家業の染物に携わり、この道70年の大ベテランです。1990年に「東京都伝統工芸士」として認定、2015年には極めて優れた技能を持つ方が選ばれる「東京マイスター」にも認定されています。その高い技術は多くの著名人からも認められ、落語家の故橘家圓藏さんや歌手の故美空ひばりさんからひいきにされた他、女流講談師の神田すみれ一家も常連として名を連ねています。

穏やかな陽射しが降り注いだ今日(3日)、同工場の干し場「やぐら」には、染め上げた生地が吊るされ、寒風にはためいていました。年末年始に向けたこの時期、多い日は一日3,000本分の手ぬぐいを制作。特に年賀贈答などに用いられる企業用名入れ手ぬぐいが人気を博しています。寒空にはためく反物が特徴的な染色の作業は、12月26日頃まで続いており、江戸川区らしい年の瀬を感じさせる風景として「えどがわ百景」に選定されています。

村井米扶さんは、「天気と相談しながら、作業を進めている。裏表なくきれいに染め上がる手染めならではの風合いを楽しんで欲しい」と話していました。なお、同工場では受注生産と卸売りのみで小売りは承っていません。

 

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?