区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2019年(令和元年) > 7月 > 2019年(令和元年)7月11日 「篠崎本郷の獅子もみ行事」14日開催

更新日:2019年7月11日

ここから本文です。

2019年(令和元年)7月11日 「篠崎本郷の獅子もみ行事」14日(日曜日)開催

"黄金色の獅子頭を担ぐ姿は勇壮、町内を威勢よく駆け廻る"

高さ約1メートル、重さ約60キログラムの黄金色の獅子頭を担いで町内を練り歩き、無病息災や五穀豊穣を祈願する伝統神事祭「篠崎本郷の獅子もみ行事」が14日(日曜日)午前7時から篠崎本郷町会内で行われます。

厄除けに効験のある天王信仰に由来する「獅子もみ」。起源は不明ですが、安政5年(1858年)の夏、全国的にコレラが蔓延した時に疫病退散を祈願して行われたと言い伝えられています。医者が居ない村で奉納した大きな獅子頭を担いだ若者たちが、一軒一軒清めて回ると悪い病気はおさまり、村が平和になったとの説話が残されています。

戦後も毎年続けられていましたが、昭和40年代に担ぎ手の減少などを理由に行事は中断。そんな折、地域の伝統行事を次世代に受け継ごうと昭和56年、「篠崎本郷町会」の青年3名が中心となって「獅子もみ保存会」を設立し、同年7月に「獅子もみ」が復活しました。平成元年2月、「江戸川区登録無形民俗文化財」の指定を受けたのを機に、同会は「本郷獅子もみ会(現会長:盛山昌一/8代目/会員数:150名)」に名称を改めました。

江戸時代に職人が作ったとされる雄と雌一対の獅子頭は、祭りの復活から30周年にあたる平成22年に修復され、黄金色に光輝いています。雄の角は細長く、雌は丸い宝珠の形をしており、いずれもカッと目を見開いた形相が特徴です。担ぎ棒と綱が付いた約70センチ四方の台座に獅子頭を乗せて担ぎます。

半纏を羽織った10名の担ぎ手は、雄と雌の二手に分かれて町内を周ります。玄関先に着くと、初めに獅子頭の顔を家の正面に向け、腰の高さまで一旦下ろします。威勢よく「あらっ、あらっ!」と口々に囃し、獅子を上下に激しく揺らしながら両足で飛んで左回りに回ると、再び顔を正面に向けて頭上高く担ぎ上げます。上下に揺らすことを「もむ」と呼び、獅子もみの名前の由来になっています。また、両足で飛んで回るのは地下の悪霊を鎮めるためであると言われています。厄払いを終えると、「本郷獅子」と書かれた千社札を渡し、担ぎ手は次の家へと向かいます。

当日(14日)は、同会の会員など約200名が参加。午前7時、吉兵衛商店(きちべえしょうてん/篠崎1丁目32番13号)に集まり、篠崎浅間神社宮司によるお祓いや玉串奉奠などの式典が行われた後、午前8時頃から夕刻にかけて約400軒の家々を一軒一軒周ります。また、町内の篠崎二丁目公園(篠崎町2丁目)に設けられたまつり会場では、木彫りの子ども用獅子頭によって子どもたちも獅子もみを体験できるほか、模擬店などが出店される予定です。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?