区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2019年(令和元年) > 6月 > 2019年(令和元年)6月4日 篠崎文化プラザ第41回企画展示開催中 江戸川総合人生大学「私のまち、私たちの大学」

更新日:2019年6月4日

ここから本文です。

2019年(令和元年)6月4日 篠崎文化プラザ第41回企画展示開催中 江戸川総合人生大学「私のまち、私たちの大学」

“15周年を迎える「江戸川総合人生大学」その魅力を紹介”

社会貢献を目指す人々の学びの場である「江戸川総合人生大学」。篠崎文化プラザ(篠崎町7丁目)では、紹介パネルやビデオなどを通して、今年10月に15周年を迎える大学の魅力を伝える、第41回企画展示「私のまち、私たちの大学」を開催しています。

同大学は、「共育」・「協働」の理念のもと、今までの経験や知識を生かして社会貢献を志す人々を支援するため、平成16年に本区が設立した学びと実践の場です。「江戸川まちづくり学科」「国際コミュニティ学科」「子育てささえあい学科」「介護・健康学科」の4つの学科で構成され、学生らは地域活動を実践しながら二年間学び、第13期934名が卒業。これまで卒業生らは80団体以上のボランティアグループを立ち上げ、子育て・学習支援や公園ボランティアなどの活動に取り組みながら、仲間と生きがいを見出しています。

同企画展では、学長や学科の紹介、在校生のインタビュー、地域活動の様子などをパネルで展示。地域活動グループの紹介コーナーでは、介護・健康学科の卒業生が在学中に設立した「江戸川みまもり隊」の活動を紹介。高齢者の安否確認を目的に平成23年から始めた活動は、当初20軒の訪問先が1か月間で730軒に上るまで拡大しました。展示パネルでは、みまもり訪問の一日の様子を通じて、着実に地域の信頼を得ていく姿を確認できます。他に入学から卒業までをすごろくにした「人生大学ゲーム」、学生が研究制作した江戸時代の治水に関するジオラマなどを展示しています。なお、しのざき文化プラザ「伝統工芸caféアルティザン」では、同校と協働したメニュー「人生大学和風パフェ(600円)」を期間限定で販売中。同校のロゴをあしらったミントをトッピングしたのが特徴です。

会場を訪れた70代男性は「江戸川総合人生大学の取組みは、定年後の生きがいを見つけるのにとても良いきっかけとなる。自分も一度入学を検討したことがあるので、この展示を見て今後の参考としたい」と話していました。

第41回篠崎文化プラザ企画展示「私のまち、私たちの大学」は7月15日まで。期間中は、同校の学長である北野大(きたの まさる)先生の出張講座(6月24日※定員に達したため募集終了)、体験入学(7月2日・4日)等を開催し、同校の魅力を余すことなく体感することができます。いずれも入場は無料(定員あり)。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?