区民向け情報

閉じる

トップページ > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道発表 > 2019年(令和元年) > 5月 > 2019年(令和元年)5月30日 なぎさポニーランドに仲間入り 半年後のデビューに向けて名前募集

更新日:2019年5月30日

ここから本文です。

2019年(令和元年)5月30日 なぎさポニーランドに仲間入り 半年後のデビューに向けて名前募集

“6月9日(日曜日)まで名前を募集!飼育担当者と二人三脚で奮闘中”

「江戸川区なぎさポニーランド(南葛西7丁目)」では、2歳のポニーの女の子が仲間入り。半年後のデビューに向けて、同園窓口では6月9日(日曜日)まで名前を募集しています。

総合レクリエーション公園内にある「なぎさポニーランド」は、乗馬体験などが楽しめる施設として1993年4月に開園。1975年5月に開園した「篠崎ポニーランド(篠崎3)」に続く二か所目で、乗馬への関心の高まりを受けて設置されました。現在同園では、新たに仲間入りした仔馬の他にオス2頭、メス5頭のポニーが飼育されており、乗馬体験のほか、夏休みには飼育体験ができる親子向けのサマースクールなどが開催されています。

今回仲間入りしたのは、栗粕毛の毛色がきれいな2歳メスの仔馬。体高(背の高さ)100センチメートル、体重はまだ計測できていません。北海道の旭川市にある牧場で平成29年5月29日に誕生。今月21日(火曜日)の夜に船に揺られて、翌日午後3時頃に同園にたどりつきました。飼育担当の熊谷麻友(くまがいまゆ)さんは、「当日は大雨で、やきもきしながら待っていましたが、無事に到着してほっとした」と話していました。

担当者によると、この仔馬を選んだ決め手となったのは、気性がおとなしく愛嬌のある点。同園でも人懐っこく、好奇心旺盛な姿が垣間見られます。ただし、他の馬と同じように来園者がふれあうにはまだ時間を要します。例えば、北海道ではまだ寒かったため、ポニーの女の子にはまだ冬毛があります。そのため同園では、シャンプーやブラッシングをして毛が生え変わるのを促しているところです。新たな環境に慣れるには半年程度かかる見込みで、今後他の馬との交流を増やすなど、飼育担当者との二人三脚の奮闘は始まったばかりです。

同園では6月9日(日曜日)までの期間限定で2歳のポニーの女の子の名前を募集中。同園に備え付けてある用紙に記入して応募することができます。現在、約130件の応募がありました。区の公式インスタグラムでも呼びかけています。なお、定期的な一般公開はしていませんが、天候や馬の状態が許せば午前8時頃に馬場に出てくる姿が見られます(月曜日は休園、祝休日の場合は翌日休園)。なぎさポニーランド飼育担当者は、「朝早い時間帯であれば会える場合があります。半年後のデビューを楽しみにしてください」と話しています。

このページを見た人はこんなページも見ています

お問い合わせ

このページは経営企画部広報課が担当しています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?